radikoを聴きながら番組参加できる「ラジへぇ」とは? リスナーへ新しい聴取体験を提供

AOLニュース / 2014年1月27日 21時10分

radikoを聴きながら番組参加できる「ラジへぇ」とは? リスナーへ新しい聴取体験を提供


1月27日(月)から31日(金)までの1週間、22時40分から23時にかけて、RN2(ラジオNIKKEI第2)で、極めてユニークな、ラジオ番組が配信される。その名は「パイロットマン」。

これからブレイクが期待される若手お笑い芸人5組が日替わりで登場。新進の放送作家とタッグを組み、この番組オリジナルのコントを毎夜お届けする。しかも、このコント番組はただ面白いだけではなく、全く新しい聴取体験が出来るWEBシステム「ラジへぇ」を組み込んだ、いまだかつてない番組なのだ。この新番組を担当した博報堂DYメディアパートナーズ クリエイティブ部山本正人さんにインタビューをした。




―新しい聴取体験が出来るラジオ番組とのことですが?

「ラジへぇ」というステムです。簡単に言うと、いまPCからradiko(http://radiko.jp/)を使って、ラジオ番組を楽しむ人が増えています。それで、radikoで「パイロットマン」を聴きながら、この「ラジへぇ」(https://radihey.jp/)を立ち上げていただきます。そこには、「笑」とか「爆笑」と書かれたボタン・アイコンがあります。それで「パイロットマン」のコントを聴いて、あなたが面白い、笑えると思ったら「笑」ボタンをクリック。そうすると笑い声が流れる。と同時に他の「ラジへぇ」ユーザーにも、あなたが選択したことで起きた笑い声が届く。つまり、ボタンを押して効果音を鳴らすことで、番組に対する感想を他の視聴者と共有できるということなのです。番組を聴きながら、聴いている人同士がSNSとかで盛り上がる、みたいな楽しみ方が流行ってますよね。それをもっとライブ会場にいるみたいにできないかと思って。

―すごいシステムですね。

ええ。東京大学(註:「東京大学 苗村研究室」)で開発されたシステムですからね(笑)

―どういう経緯で、今回の「パイロットマン」は生まれたのですか?

僕は、実はラジオ業界の人間ではなく、広告会社のクリエーターであり、メディアのプロデューサーでもあるんです。それで、僕のテーマとして、メディアの可能性をクリエイティブとデジタルでもっと活性化したい、というのがあった。メディアの可能性が広がれば、広告主の方ものってくれるわけですから。それでラジオ局の方や、会社のラジオ担当と一緒にいくつかのラジオ番組を手がけ、ラジオ番組の良さ、とか効果的なラジオCMみたいなことは、知見がたまった。今度はラジオ番組に、なにか新しいギミックをつけてみる、ということにチャレンジしてみよう、と。それでこの「ラジへぇ」というのを知って、うちのグループにある博報堂研究開発局に協力してもらって番組に使ってみたいな、と。あと、僕の頭の中に、コント番組を作りたい、というのがあって、その2つが融合して生まれました。

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング