女子アナバレンタイン事情 田中みな実アナのスゴさ「まるで業者のようだった」

AOLニュース / 2014年2月12日 18時30分

女子アナバレンタイン事情 田中みな実アナのスゴさ「まるで業者のようだった」


バレンタイン直前の2月11日(火)にオンエアされたTBSラジオの残業支援系ランキングトークバラエティ『ザ・トップ5』(火~金・17時50分~20時)。作詞家・コラムニストで生粋の日本人のジェーン・スーとベテラン主婦でもある堀井美香アナウンサーの最強アラフォーコンビのもとに、これまた最強の"刺客"からバレンタインプレゼントが届けられた。


その舞台となったのは「バレンタインチョコ・最新売れ筋トップ5」(輸入雑貨店PLAZA銀座店調べ)を受けてのトーク。バレンタインについて思うことについて、「最近やっと、普段は買わないような高くて美味しいチョコを自分のために買って食べたりとか、友達に送ったりするのが浸透してきて嬉しい。もはや男性不在ですね!」とスー氏。一方、堀井アナは「お歳暮やお中元のような意味合いで贈るので、お金がかかるんですよ。私は、毎年4〜5万円かかっているのですが、他の女性アナウンサーには10万円ほどかける人もいます」と、女子アナのバレンタイン事情を赤裸々に語った。

そんななか、田中みな実アナウンサーは今年、同局のオリジナルキャラクターである「ブーブくん」型の手作りクッキーを男女問わず贈りまくっているらしい。その調理風景を撮影した写真を見た堀井アナ曰く、「まるで業者のようでした」とのこと。今回、一度も会ったことがないというスー氏にも「ジェーン・スーさん。ちょっぴり早いですがハッピーバレンタイン! いつかお会いできますように。TBS田中みな実」という手紙付きで、問題のクッキーが贈られたわけだが、「この人やっぱりすごいね!」とその徹底ぶりに舌を巻いた様子。

4月から、同局で「ジェーン・スー 相談は踊る」という新番組の放送開始も決定したスー氏。まさに向かうところ敵なしといった感じだが、その勢いに匹敵するのは若手では、田中アナぐらいかもしれない。ぶりっこキャラに定評のある田中アナと、"未婚のプロ"のスー氏が対面したら何が起きるのだろうか。今から待ちきれない!

【参照リンク】
・「ザ・トップ5」公式サイト
http://www.tbsradio.jp/top954/

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング