渋谷若者カルチャー復活を担う、ギャル新世代「悪羅(おら)ギャル」とは?

AOLニュース / 2014年2月18日 22時20分

渋谷若者カルチャー復活を担う、ギャル新世代「悪羅(おら)ギャル」とは?


渋谷をギャルファッションで席巻した「egg」から、今、ブームを迎えている原宿系ファッションまで数々のファッションをメディアに押し出し、海外にも影響力を放つストリートカルチャーの賢人、米原康正氏を知っているだろうか。
米原氏は現在、中国版Twitterである「新浪微博」のフォロワー数190万人超(2013年12月20日現在)。編集者、クリエイティブディレクター、DJと数々の肩書きを持ちながら、「チェキ」を使い、時代の潮流の中でリアルに輝くかわいい「オンナのコ」を切り取り続けたフォトグラファーでもある。

そんな米原康正が被写体に選んだのは「悪羅(おら)ギャル」と呼ばれている、みぽちだ。


「俺がずっと追っかけているのは、自ら発信源になるような子。消費者になってしまう女の子には興味がない。元々、ギャルのミニスカにルーズソックスだって、クラスに1人いればいいほうだったと思うんだよ。それが1人だけ違う格好してるってことで、バカにされたりしながらも根性持って自分がカッコイイと思うことをやってきた。
今、渋谷に元気がなくなってきているのは、そういった自分から発信できて流行を作れるタイプの女の子が減ってきているんだよね」。

そこで米原が「今、面白い」と思った女の子こそが、みぽちというわけだ。
「俺は青文字系って言われるきゃりー(ぱみゅぱみゅ)とか、原宿の子たちも撮っているけど、その子たちだけでファッションは成り立っているわけじゃない。その正反対を考えるとやっぱり、みぽちみたいな『悪羅ギャル』だと思うんだよ」。


「悪羅ギャル」に何故、米原は注目するのか。

「まずは、こういう子たちって地方に行けば必ずいるっていうところ。彼女たちが着ているようなジャージのセットアップとかもさ、既に"ジャージカルチャー"として成り立ってる。
海外だと、未だに『RUN DMC』みたいなのがカッコイイって黒人のジャージカルチャーがスタイルとして認められているのに、日本人が同じことをすると認めない。俺は全く同じことだと思っているんだけどね。で、ジャージってみんな部屋着にするくらい、着るのが楽なモノじゃん?そんな楽に着ているモノをオシャレにしていけばどうなるのか?派手にして目立つようにしていけばどうなるのかを、『悪羅ギャル』が着ている『THIRTEEN JAPAN』とかは体現している。それって日本独自のカルチャーだし、スゲーことだと思うんだよね」。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング