『トランスフォーマー/ロストエイジ』 前シリーズを凌駕するアクションシーン満載!

AOLニュース / 2014年3月13日 19時16分

『トランスフォーマー/ロストエイジ』 前シリーズを凌駕するアクションシーン満載!


キャストが一新され、人気キャラクターのオプティマスやバンブルビーのデザインもリニューアルされるなど、さらなるスケールアップが期待される『トランスフォーマー/ロストエイジ』。このたび、多くの謎に包まれていた本作の2分33秒に及ぶ最新予告編映像が解禁となり、これまで謎に包まれていた衝撃のストーリー、新キャラクター、前作をはるかに凌駕するアクションシーンなどが明らかになった。

(C)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved
本作からオプティマスの活躍が物語の中心となるようだが、バンブルビーとともに最新デザインで登場。予告編ではトランスフォームシーンも初お目見えとなっている。
また初登場で大注目の"謎の第三勢力"ダイナボットとオプティマスとの大迫力戦闘シーン、シリーズ最強のディセプティコンによる地球侵略など、ファン待望の映像がてんこ盛り。

ちなみに今作からキャストも一新。それまでのシャイア・ラブーフに代わって主演を務めるのは、『テッド』『ローン・サバイバー』など、今ハリウッドで最も引っ張りだこな俳優といっても過言ではないマーク・ウォールバーグ。
娘のテッサ役に、ハリウッドの新ミューズ、ニコラ・ペルツ。テッサの恋人役にアイルランドの新生、ジャック・レイナーと、これまでの『トランスフォーマー』とは一転、フレッシュ感あふれる布陣となっている。

<関連動画はこちら>

6500万年前に絶滅した恐竜。その真相は "ダイナボット"という名の彼らだけが知っていた―。
現代。人類存続をかけたディセプティコンとの戦いから4年が過ぎ、政府がオプティマスらトランスフォーマーを取り締まる中、彼らは車の姿で隠れていた。一人娘のテッサ(ニコラ・ペルツ)と暮らす発明家のケイド(マーク・ウォールバーグ)は、偶然、安価で仕入れた古いトラックがオプティマスだと知る。その頃、人類滅亡を目論む新たなディセプティコン、ロックダウンが巨大な宇宙船とともに地球に襲来。謎の第三勢力、ダイナボットたちも蘇り――。

『トランスフォーマー/ロストエイジ』は8月8日(金)より、夏休み全国ロードショー

【参照リンク】
・『トランスフォーマー/ロストエイジ』公式サイト
http://www.tf-movie.jp/ 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング