「めちゃくちゃ気にしてた」 川口春奈、18歳の挫折

AOLニュース / 2014年3月17日 21時0分

「めちゃくちゃ気にしてた」 川口春奈、18歳の挫折


川口春奈といえば、お笑い好きで有名な女優。
中でもFUJIWARAの原西のファンを公言しており、
「♪じゃんがじゃんが、じゃんがじゃんが 乳首の席替え~」
なんてギャグも、バラエティ番組にゲスト出演した際、躊躇なく披露している。

3月14日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ)ではハワイへ。船での移動中、すれ違った船に"イケメン"を発見すると、
「イケメン泥棒~!」
と意味不明に叫んだりもする。まったく気取らない女優だ。


川口は長崎県の五島列島生まれ。中学になると雑誌『ニコラ』でモデルデビュー。遠く長崎から東京に通った。

上京すると女優デビュー。順調にキャリアを重ねてきた川口に2013年末、挫折が訪れた。
TBSで放送された主演の連続ドラマ『夫のカノジョ』の視聴率が低迷したのだ。
『アナザースカイ』で川口はその当時を振り返って言う。

「『気にしない、気にしない』とは言ってましたけど、めちゃめちゃ気にしてたし。みんななんかフォローしてくれるのが逆に悲しかったりとか......」

ゴールデンタイムに放送しているにもかかわらず、視聴率は3.0%と最低記録を更新。当時のブログには、すべて視聴率で判断されてしまうことが「悲しい」と綴られている。「観てくれている人 応援してくれる人たちだけのために 頑張ればいいんだ 誰からどう思われようが 関係ない!! ただただ頑張ってるだけです」と強がりながらも。

当時のことを「悔しかった」と正直に心情を吐露する川口。それでも「見てくれてる人はゼロではないと信じて」がんばってはいたが、やはり傷つき不安になった。そして「あぁ、なんかやってけるかな自分っていう風に初めて本気で思った」と悩み抜いた。

そんな中でも家族のさりげない言葉に支えられて立ち直った川口春奈。

「弱っちい自分に喝をいれるっていう意味で、これからもっといろんなこと、色んな場面に遭遇すると思うけど、負けたくないし、あんまり弱ってる姿を見せたくないから。でも2013年はそういう姿をみんなに見せてしまった。それを一回こう丸くおさめるっていうか全部消して、私は弱音吐かずに前向いてがんばってく自分を見てほしいなという意味で、リセットしたい」

そう宣言した川口が向かったのはなぜかスカイダイビング。4300mの上空で絶叫した。
「一皮むけるぞっ! 脱皮するぞー!」

実に楽しそうに。そして川口春奈は満面の笑みで飛び立った。

文=てれびのスキマ(http://d.hatena.ne.jp/LittleBoy/)

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング