【動画】運転中の携帯メールの怖さを訴えた10代向けCMが怖すぎる

AOLニュース / 2014年4月11日 12時0分

【動画】運転中の携帯メールの怖さを訴えた10代向けCMが怖すぎる


車社会アメリカでは、運転中の携帯電話の使用による交通事故が年間10万件以上にのぼるという。そこで米運輸省高速道路交通安全局は、不注意な運転の啓発月間の一環として、運転中のメール送受信の危険性を訴えるCMを制作した。


特に10代向けに作られたという映像には、車の走行中に楽しそうに会話をする3人のティーンが登場。ハンドルを握る女の子はメールの着信音に気付き、視線を携帯電話に落として返信する。そのわずか数秒の間で、彼女は「STOP(停まれ)」の標識を見落としてしまった。

次の瞬間、車は大型トラックと衝突し、道路から放り出される。そこに警官が現れ、「警官から車を停めさせられるのは、誰だって嫌なものですよね。でも、もし彼女が運転中にメールをしているのを見ていたら、私は違反切符を切っていました。そうすることで、彼女の命を救えたかもしれません」と語る。最後は「忘れないでください。あなたが運転し、メールを送受信すると、(大きな)代償を払うことになると」というメッセージで終わった。

注:一部衝撃的な場面も含まれます
https://www.youtube.com/watch?v=S_-6EoNhitg
<関連動画はこちら>

公開から1週間で110万以上の閲覧回数を記録したこのCM。わずか30秒の間に天国と地獄を目の当たりにした人々は、

「運転中のメールはダメだ。このCMを見れば明らかだ」
「これは防げるたぐいの悲劇だよね」
「見るのがつらい映像だけど、効果的だとも思う」

などとコメントしている。近年の日本でも、運転中の携帯電話の操作に加え、"歩きスマホ"による事故が増えている。数秒の不注意によって被害者だけでなく加害者の人生も狂わせてしまうので、十分に気を付けたいものだ。

【参照リンク】
・Slow-Motion PSA Plays Out The Horrific Dangers Of Texting And Driving [Video] - PSFK
http://www.psfk.com/2014/04/violent-texting-driving-psa.html#!Dre7u  

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング