社畜のゴールデンウィークは半数が「仕事」と判明 そんな時は「ひとり合宿」がオススメ

AOLニュース / 2014年4月24日 11時0分

社畜のゴールデンウィークは半数が「仕事」と判明 そんな時は「ひとり合宿」がオススメ


ゴールデンウィークを間近に控え、家族サービスや彼女サービスのために連休の予定を立て始めている人も多いのではないだろうか。ところが今月18日、TeamViewer GmbH社は日本の社畜のGW事情に関して驚くべき結果を発表した。




同社は3月28日から3月29日にかけ、GWに休暇を取る予定のビジネスマン453人に対し「GW休暇中の仕事への関わり方とコンピューター・デバイスの利用に関する意識調査」を実施。その中で、「GW休暇中に仕事を行うことがあるか」と質問をしたところ、なんと約半数の48.1%が「仕事を行うことがある」と回答したという。

更にその仕事内容を尋ねたところ、「仕事関連のメールを読む」が最多の29.4%、「仕事関連の電話を受ける」が17.2%、「家のパソコンで資料にアクセスする」が15%と続いた。デジタルデバイスが進化し通信環境が整備されたことで、全世界のどこへ逃げようと、仕事は背後霊のようにまとわりついてくるものとなってしまったようだ。

しかし、考え方によっては、この連休は新たな仕事のスタイルを発見する、いいチャンスになるかもしれない。例えば、GW中は出社せず自宅やカフェで仕事をするという人もいるだろう。ならば、せっかくの連休は泊りがけで「ひとり仕事合宿」を開く、なんていうのはどうだろうか。静かな温泉宿で一人みっちり企画書づくりに取り組み、疲れたら温泉にでも入ってリフレッシュ、そしてまた作業を再開...誰にも邪魔されず自分のペースでONとOFFを切り替えられるというわけだ。考えただけで、通常の何倍も効率のよい仕事ができそうである。

「でも、もともと今年はどこにも行くつもりはなかったし、もう予約できる宿もなさそうだ...」と思う人もいるかもしれないが、意外にも旅行会社のホームページや宿泊予約サイトには直前でも予約が取れる宿がちらほらとあるようだ。例えば、全国の温泉宿を予約することができる「ゆこゆこネット」には、ゴールデンウィークにお得なプランがある宿の特集が組まれていたりするので、ぜひ確認してみてほしい。

もちろん、休みがとれるという人は純粋に連休を楽しむのが理想ではある。しかしせっかくのゴールデンウィーク、非日常的な空間に身を置いて、身も心もリフレッシュしてみてはどうだろうか。

【参照リンク】
・ゴールデンウィークにお得なプランがある宿 2014(ゆこゆこネット)
http://www.yukoyuko.net/special/dir/name/s_GwSale 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング