日米合作映画『サケボム』の毒舌YouTuberが大暴走! 日本人が笑えない皮肉満載

AOLニュース / 2014年5月29日 17時0分

日米合作映画『サケボム』の毒舌YouTuberが大暴走! 日本人が笑えない皮肉満載


濱田岳主演の日米合作映画『サケボム』(ピクチャーズデプト)に登場する、"毒舌YouTuber"のセバスチャンが話題になっている。


5月24日から公開されている同映画は、主にアメリカで撮影され、主演の濱田は全編英語のセリフに挑戦。共演者は、韓国系アメリカ人でスタンダップコメディアンのユージン・キムなど。ストーリーは、日本の酒蔵で働く純朴な青年ナオト(濱田)が、突然別れを告げていなくなってしまった元カノを探しに単身渡米。アメリカに住む日系アメリカ人のいとこで、あらゆることに毒を吐きまくるYouTuberのセバスチャン(ユージン)に協力を頼み、元カノが住む田舎町まで旅をするロードムービー。

△初エッチした元カノを追ってアメリカへやってきた純朴青年(濱田岳)

ネット上には、

「いい映画でした、岳ちゃん良かった」
「酔っ払う岳さん、泣きそうで目がうるうるしてる岳さん、そして英語を話す岳さん...等々いろんな濱田岳が見られたので大満足」

という濱田岳ファンの感想もあるが、目立つのは"セバスチャン"に対するコメント。

「コンプレックス満載のセバスチャンの口達者ぶりに閉口」
「いとこのキャラクターがたっていて、どちらが主人公なのかわからなくなった」
「ひねくれ者のいとこを演じたユージン・キムさんの自虐ネタが凄い。日本人としては笑うに笑えないギャグの連発だった」

など、キレのある毒舌が受けている様子。試写会でも彼を評価する声が多かったという。

△マシンガントークで毒を吐きまくる「おしゃべりアジア野郎」

セバスチャンは日系アメリカ人で、常日頃からアジア人コンプレックスを感じながらアメリカで暮らしている。そしてその憤りを「おしゃべりアジア野郎」という自身のネット番組で発散するのだ。

その内容は、

「日本人はシャイで物静か? 静かにしているんじゃなくて英語が話せないだけ」
「軟弱で性欲ゼロ? 日本が技術先進国なのはHD画質でエロビデオを見るため」

といった偏見についてだったり、

「アジア人は顔が似ているけど、間違われると超むかつく。中国人じゃねえっつーの!」

など人種問題スレスレの過激なセリフも飛び出す。また、女友達にも

「アジアの女は何で白人が好きなのさ?」
「劣等感の塊でアイデンティティに悩んでる。だから白人に擦り寄るんだ」

と絡みまくる。さらにはネット社会に対して

「最近の大学生はみんなネット漬けで芸術性ゼロ! 人生経験も乏しくて社会貢献する知性もない」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング