飲酒運転の車にはねられ亡くなった飼い主を今も待ち続ける柴犬の姿に感動の嵐

AOLニュース / 2014年8月13日 18時0分

飲酒運転の車にはねられ亡くなった飼い主を今も待ち続ける柴犬の姿に感動の嵐


飼い主が突然の死を迎えたとき、その帰りを待つペットは、一体どのような時間を過ごすのか...実にいたたまれなくなるそんな実話を元に制作された啓発CMが、注目を集めている。


このほど完成したCMに登場するのは、2011年に当時高校生だった飼い主の少年を事故で亡くした柴犬の「こゆき」(メス・8歳)。彼女が大好きだった飼い主・山本寛大さん(当時16)は、酒を飲んで運転していたドライバーにはねられ、あまりに若すぎる死を迎えてしまったという。寛大さんが亡くなってからというもの、こゆきは彼の遺影が掲げられた仏壇の前が寝床となり、失意の日々を送り続けているそうだ。

【動画】http://youtu.be/QrGlAn0Gy7U
<関連動画はこちら>

規制や罰 則の強化がもたらされたことで、一時はその数を減らすかに見えた飲酒運転による死亡事故。しかしここ数年、その減少が横ばいになっていることを鑑みれば、こうしたCMが流れることで、少しでもその撲滅に近づいてくれれば...と願うばかりだ。

文・猪俣進次郎

■参照リンク
飲酒運転撲滅2014版
http://youtu.be/QrGlAn0Gy7U 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング