事故?それとも故意?コミケ客で賑わう有楽町線にガラス破損騒動発覚

AOLニュース / 2014年8月18日 12時0分

事故?それとも故意?コミケ客で賑わう有楽町線にガラス破損騒動発覚


​今年も大盛況のうちに幕を閉じたコミックマーケット。しかしその盛況ぶりゆえに、どうやら思わぬ事故も起きていたようだ。


twitter上でユーザーから投稿された情報をまとめてみると、事態が発覚したのは、8月16日の夕方頃。有楽町線の車両のドア部分に張られたガラスが、亀裂の入った状態で発見されたという。そのため、この様子を目撃したという人々からは、

「いきなり割れててびびった...」
「人身事故かと思ったよ...」
「押されたくらいではそう簡単に割れたりしないよな」
「これだからヲタは...」
「わざとやったなら名乗り出て欲しい」
「マナーとか言いたくないけど、わざとならさすがに...」

...と、コミケ会場周辺や、そこへ行きつくための交通機関がいかに異常な混雑ぶりを見せていたかという報告と、事故ではなく、誰かが故意に窓を殴ったりして破損させたのでは?という意見が。

なお、会場近くの駅では、駅員が必死に制止しているにもかかわらず、他の乗客を押しのけ構内を走る者や、彼らによって突き飛ばされ、怪我をしたという人も現れたという情報もあり、改めてそのマナーに対し、改善と自重を求める声があがっている。

文・藤井一成

■参照リンク

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング