230万円分の切手を自分の会社から購入? 疑惑浮上の兵庫県議に「また兵庫かよ」の声

AOLニュース / 2014年8月20日 12時0分

230万円分の切手を自分の会社から購入? 疑惑浮上の兵庫県議に「また兵庫かよ」の声


号泣会見で話題となった野々村竜太郎元県議の所属していた兵庫県議会に、また新たな"疑惑の人"の出現だ。


今回、"疑惑の人"として注目を集めているのは、水田裕一郎県議(50)。同議は2013年度、実に230万円もの切手を購入しているが、なんと、その購入先は自らが自らが経営している企業。あからさまにキナ臭い話だが、同議曰く、「自分の会社で販売しているから便利がいい」。批判的な声を意に介す様子はない。これに対しネット上では、

「ののちゃん二世キタwww」
「また兵庫県議かよ」
「どうせ領収書だけで切手の受け渡しなんかしてねぇんだろ」
「詐欺なんだから刑務所入れろよ」
「地方議会いらんなあ」
「ののちゃんいい仕事したな 結果的に」
「今年のダメ議員だけでトレカ作れるんちゃう?」

...と、野々村県議問題と入れ替わりに浮上した同議員の問題について「またか」という声が。

今年に入ってからというもの、地方政治家を巡る事件・騒動が相次いでいるが、一体いつになったらこうした問題が沈静化し、正常な活動が行われるようになるのか、有権者の注目が集まっている。

文・久保田太陽

■参照リンク
・水田裕一郎 公式サイト
http://www.yuichiro-mizuta.com/ 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング