新しい銀座を発見・体感! 記念すべき10回目の銀座GLは野音でライブも開催

AOLニュース / 2014年8月20日 13時0分

新しい銀座を発見・体感! 記念すべき10回目の銀座GLは野音でライブも開催

銀座の街を舞台に複数店舗で開催される都市型フェスティバル『GL(ジーエル)』が10回目の節目を記念し、豪華アーティスト陣を招いたアニバーサリー・ライブイベントを日比谷野外音楽堂で9月6日(土)に開催する。


2006年、銀座の街を活性化しようと地元の若者が集まりスタートしたパーティー、GL。渋谷・新宿・池袋のような繁華街とは異なる特性を持つ街、"銀座"の魅力と可能性を世代を超えて伝えていくため、音楽やアートを通して"新しい銀座"を表現しようという、街ぐるみの多店舗参加型大交流イベントだ。

運営開始から8年を迎えたGLも10回目の開催ということで、今回はあの日比谷野外音楽堂でライブイベントを開催。出演アーティストは、音楽シーンで常に注目を浴び続けるEGO-WRAPPIN'を筆頭に、ジャパニーズ・レゲエ界のオリジネーターであるRANKIN TAXI、そしてMACKA-CHIN、GORE-TEX、SUIKEN、S-WORD、RINO LATINA II、DJ YAS(LAMP EYE)、NIPPS、B.D.(THE SEXORCIST)などHip Hopヘッズが狂喜するであろう面々、さらに鎮座DOPENESS & DJ UPPERCUT、CHAN-MIKAなど新鋭アーティストもズラリと揃い、記念イベントを盛り上げる。

また、夜の開催となる銀座GLも参加店舗が20店舗に増え、100名を超えるアーティストが登場する特大イベントに(参加店舗すべてを回れるサーキット方式)。GLが掲げる「より幅広いコンテンツを提供し、さらなるイベントの発展と地域への貢献を目指す」という言葉どおり、1店舗で行うイベントよりも、銀座一帯をラウンジとして扱うことで"回遊性"を高め、新たな銀座の発見や、人と人を横軸で結ぶコミュニティづくりを目指すという。

8年前とは世の中の状況も大きく変わり、人々の情報の取り方や遊び方も世代によって多様化している現在。画家/ライターによるライブペイントやアートワークの展示、銀座ならではの飲食店での食事やシーシャ体験など、普通のクラブイベントでは味わえないコンテンツが盛り沢山のGLは、まさに参加者の五感を刺激する"新たな遊びのカタチ"を提供してくれるはずだ。


▽公演概要
「GL 10th ANNIVERSARY」(昼の部)
2014年9月6日 (土) open 16:30 start 17:00
日比谷野外大音楽堂(東京都千代田区)
料金:前売りチケット 4,000円 / 当日チケット 5,000円
<出演者>
EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX / Big Frog and DJ Quietstorm / RANKIN TAXI / DJ YAS and RINO LATINA II from Lamp Eye / B.D. & NIPPS / GORE-TEX / SUIKEN / MACKA-CHIN / S-WORD / GSB / MONSTAR / ENMC / DJ IKU / 鎮座DOPENESS

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング