世界に誇るアクション監督、谷垣健治氏が語る!『るろ剣』神木"宗次郎"隆之介のスゴさ

AOLニュース / 2014年9月5日 12時0分

世界に誇るアクション監督、谷垣健治氏が語る!『るろ剣』神木"宗次郎"隆之介のスゴさ


もはや説明無用! 世界的な話題作に成長を遂げた『るろうに剣心』シリーズ。その3作目『るろうに剣心 伝説の最期編』の公開を前に、"るろ剣"応援団を勝手に名乗るAOLニュースは、アクション監督の谷垣健治氏を長時間拘束! 俳優たちの覚悟について聞いた。


まずは、瀬田宗次郎役の神木隆之介。宗次郎は、剣心の後継者にして最狂の敵・志々雄真実(藤原竜也)の特攻部隊"十本刀"の筆頭で、原作のファンの熱い支持も得た注目のキャラクター。演じる神木は、シリーズ最速の戦いで観る者を魅了、新境地を開拓した。「神木君の場合、どれだけできるのかな? って、親戚のオジサン気分で観始めてしまうと、100パーセント、腰を抜かしますよ(笑)」と谷垣氏も激賞。事実、リアル宗次郎は圧巻だ。

「神木君は立ち回りの勇気と技術が確かにすごいけれど、それ以前に彼が醸し出している雰囲気というか、しっかりとした役作りがとにかくすごい。アクション練習のときも、すでに宗次郎の気分で稽古場に来ていましたよ(笑)」と述懐する谷垣氏。その"憑依"は、『るろうに剣心 京都大火編』で世界中が知ることに! 志々雄の"十本刀"筆頭としての覚悟と決戦を描いているだろう『伝説の最期編』での勇姿が、正直、待ちきれないというもの!


「神木君は、もともと原作のキャラクターの本当のファンで、アクションの稽古場でも『宗ちゃんと呼んでください』と(笑)。いろいろなアイデアも出してくれて、すべて採用しようと思ったほど」と裏話も交えて宗次郎を評する谷垣氏。神木の強い愛情と情熱が宗次郎に投影され、ソードアクションにも伝播した意欲作! 『伝説の最期編』も楽しみだ!
(つづく......)

映画『るろうに剣心 伝説の最期編』は、2014年9月13日(土)より、大ヒット確実超拡大全国ロードショー!

(C) 和月伸宏/集英社 (C) 2014『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』製作委員会

■参照リンク
『るろうに剣心 伝説の最期編』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin/ 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング