DMMゲームズが東京ゲームショウ初出展、モンハン新作他リリースを発表

AOLニュース / 2014年9月24日 14時7分

DMMゲームズが東京ゲームショウ初出展、モンハン新作他リリースを発表


9月18日から千葉県・幕張メッセにて開幕した「東京ゲームショウ2014」にて、DMMゲームズが初出展。同社ブースで行われたカンファレンスでは、11月27日よりシミュレーションRPG『モンスターハンター メゼポルタ開拓記』単独先行配信開始の発表や、小説やアニメなどで大人気の『銀河英雄伝説』シリーズ全面協力のもと、オンライン・シミュレーションRPG『銀河英雄伝説タクティス』を来春リリース予定であることも明らかになった。


おなじみの動画サイトをはじめ、DVDレンタルからFXまで多彩なWebコンテンツを発信するDMM。近頃では『艦隊これくしょん~艦これ~』の大ヒットもあり、ゲーム業界内でも存在感を高めており、現時点で配信ゲームタイトルは267(PC/スマホ/ガラケー)。超ビッグタイトルの新作発表もあるということで、ゲームショウの様子をチェックしてきた。

会場内、同社ブースは初出展ながらも、巨大な白壁とカラフルなライティングがインパクトのある外観。場外・場内に多数配されたPCブースでは、キレイなお姉さんによるナビゲートのもと、PRSタイトル『HOUNDS』、『戦国闘檄』といった既発の人気タイトルほか、9月18日にリリースされたばかりの『スカイ・ロア -七罪と海神の秘宝-』などをプレイすることができる。



カンファレンスでは、冒頭に紹介した2大新タイトルを含め、計8タイトルについて発表会を実施。アニメやゲームに造詣が深いことで知られ、自らも「アニオタ」を自認するニッポン放送の吉田尚記アナが司会をつとめた。


ゲームの発表会は、同日リリースの新作MMORPG『スカイ・ロア -七罪と海神の秘宝-』から各ゲームの担当者がプレゼンする形で進行。PSP、PSVISTAで人気の女の子おしおきゲーム『クリミナルガールズ ブーセ』では、女の子の洋服や表情に「DMMらしいセクシー要素」が加味されていることをアピール。このほか、人気アニメ『翠星のガルガンティア』のアナザーストーリーが展開する船団育成シミュレーション『翠星のガルガンティア ONLINE FLEET』、主人公が社長となって女の子たちとファンタジーの世界で会社を運営するという奇想天外なRPG『かんぱに☆ガールズ』、武器や戦闘舞台となるMAPの追加など今秋以降アップデートを予定している『HOUNDS』といったタイトルが紹介された。なお、ひときわ発表会の注目度が高かったのは、やはり以下にお伝えする新規発表となる3タイトルだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング