つんく♂完全寛解! その凄さが分かる3つの歌詞世界

AOLニュース / 2014年9月26日 22時0分

つんく♂完全寛解! その凄さが分かる3つの歌詞世界


9月25日(木)、ある男の発表が世界じゅうに歓喜をもたらした。その男の名はつんく♂。ハロー!プロジェクトを率いる稀代の名プロデューサーが自身のオフィシャルブログにて、咽頭がんの完全寛解を発表したのだった。暗いニュースが続く昨今だが、この一報は明るい未来がこれからも続くことを示している。


つんく♂より皆様へご報告|つんく♂オフィシャルブログ「つんプロ♂芸能コース」
http://ameblo.jp/tsunku-blog/entry-11930154424.html

ハロー!プロジェクトの全てのグループのほとんど全ての作曲と作詞を手掛けるつんく♂。その多作ぶりもさることながら、グループによって曲のイメージを変える引き出しの多さ。そして何よりもものすごいのが、女の子の気持ちになったときの彼の書く歌詞だ。こんな歌詞を書ける人間は地球上につんく♂しか存在しない。そう言い切れるほどに、他のあらゆる作詞者を圧倒している。

そこで本日は、つんく♂の完全寛解を祝して、歴代のものすごい歌詞を3曲だけ紹介してみたい。その神髄に少しでも触れていただければ幸いである。そしてせっかくの機会ではあるため、僭越ながらつんく♂の気持ちと口調になって紹介してみよう。

というわけでつんく♂や。ほな、早速行くで〜!

<その1 ハロプロ研修生「彼女になりたいっ!!!」>
http://petitlyrics.com/lyrics/874402
いきなり研修生って、なかなかシブい選択やな〜。せやけど、つんく♂もこの曲の歌詞はほんまに気に入ってるで。合格や! 自分で言うのも何やけど「LOVE/お肌プルプルしてるのは/Please/いちごのベッドで寝てるからよ」はなかなか書かれへんよな〜。確かに、整合性はないかもしれんな。いちごのベッドで寝ることとお肌がプルプルになることに科学的な根拠はないかもしれん。せやけどな、女の子って、気持ちでキレイになったりカワイくなったりするものやねん。ハロー!の皆を観ててもせやろ? いちごのベッドで寝るっていうカワイさが、人のカワイさを増すんやないか? ほんまのところはもちろん分からへんで。せやけどそれが科学で解明できたら、わし、「ノーベルカワイイ賞」、受賞してしまうかもしれんな〜!(笑)

<その2 Berryz工房「小遣いUP大作戦」>
http://j-lyric.net/artist/a002e87/l010cbd.html
確かにこの曲も、つんく♂の女の子感が満載やな〜。よう選んでくれた、つんく♂も嬉しいで! お小遣いの前借りをお願いしたい女の子の歌詞なんやけど、「似てるけどそれは違う/ママの選ぶ服似てるだけ」とか「悩めるわ/そのグループは/違うメンバーよ/わざとに言ってる?」とか、正直、気持ち捉えてると思うで。もちろんつんく♂は女の子としての経験はない。せやけどな、つんく♂の細胞のどこかには、女の子細胞がおるんやないかな? 歌詞ちゅうのは、作るっちゅうよりも、見つけるもんやと思ってんねん。つんく♂の一番の仕事は自分の中の女の子細胞に耳を傾けて、それを歌詞に落とし込むころなんやないかな、って......。おっと! 急にマジメになってしもたやん! こんなん見つかったら、まことに冷やかされるで〜!(笑)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング