グアルディオラVSモウリーニョが激突!世界で最も稼いでいるサッカー監督10選

AOLニュース / 2014年10月6日 17時0分

グアルディオラVSモウリーニョが激突!世界で最も稼いでいるサッカー監督10選


名門サッカークラブを率いる監督は、選手と同じく世界レベルの名声を誇る。自身のチームを優勝に導き、サポーターから賞賛のチャントを送られる、サッカー界の"プロ中のプロ"。優秀な成績を残せば経済的にも一生保証されるレベルらしいが、はたして世界で最も稼いでいる監督は誰だろうか?


やはり1位と2位はここ数年のライバル2人。ただ、世界最高峰のはずのリーガ・エスパニョーラ(スペイン)から1人もトップ5に入っていなかったり、セリエA(イタリア)の監督に限ってはトップ10にすら入っていないのは意外な結果かもしれない。

<サッカー監督高額収入ランキング10 (2014-2015年)>

10. ジョルジェ・ジェズス:SLベンフィカ(500万ドル/約5億4千万円)
他に比べると規模が小さいクラブだが、監督就任後の5年間においてリーグ優勝2回、ポルトガルリーグ(タッサ・ダ・リーガ)優勝4回を経験。過去に何人もの名選手を輩出しているクラブでもある。


9. マヌエル・ペレグリーニ:マンチェスター・シティFC(575万ドル/約6億2千万円)
選手の移籍金に大金を注ぎ込むマンCだが、監督の契約金も負けていない。2012-2013年シーズンから監督に就任したペレグリーニは、2012-2013年にリーグカップ優勝、2013-2014年にはプレミアリーグ優勝に導いている。


8. ユルゲン・クロップ:ボルシア・ドルトムント(600万ドル/約6億5千万円)
日本代表の香川真司がカムバックしたドルトムントを率いるこの監督は、サポーターからの人気も高い。リーグ優勝2回、DFLスーパーカップ連続優勝、2012-2013年にはUEFAチャンピオンズリーグ準決勝に進出。ドイツの若手選手を次々とブレイクさせてきた手腕も評価されている。


7. アーセン・ベンゲル:アーセナルFC(1000万ドル/約10億9千万円)
名門クラブを長年率いている64才の名将。UEFAチャンピオンズリーグ決勝進出まで導き、2013-14年にはFAカップで優勝し久しぶりのタイトル獲得をもたらした。90年代にはJリーグ・名古屋グランパスエイトの監督を務めたこともあり、日本人選手を積極的に評価する人物としても知られている。


6. カルロ・アンチェロッティ:レアル・マドリード(1050万ドル/約11億4千万円)
自身も選手時代に活躍したACミランで長年采配をふるってきたアンチェロッティは、2013-2014シーズンからレアルの監督に就任。クリスティアーノ・ロナウド、ハメス・ロドリゲスなどスター選手が所属する世界最高峰のクラブは、監督の契約金も破格だ(経済誌<フォーブス>によるとクラブの資産価値は34億4000万ドル、昨年の収入は6億7500万ドル)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング