Kが俳優に初挑戦したキットカットコンセプトシネマの公開記念イベントに登場!主題歌初披露

AOLニュース / 2014年10月7日 18時40分

Kが俳優に初挑戦したキットカットコンセプトシネマの公開記念イベントに登場!主題歌初披露

本日10月7日(火)、ネスレ日本のチョコレートブランド"キットカット"のコンセプトシネマ『ビタースウィート~オトナの交差点~』の全編公開を記念したPRイベントが、六本木ヒルズアリーナにて開催。主題歌を担当し俳優に初挑戦したKが、主演女優の本仮屋ユイカ、物語のキーパーソンとして好演をみせたミッキー・カーチス、監督を務めた月川翔とともに登壇した。


出演者は全4作品の各ストーリーを繋ぐ黄色いタクシーで登場し、それぞれの撮影エピソードを披露。今作で俳優デビューを果たしたKは、「普段いるレコーディング現場と同じようなクリエイティブな雰囲気があったのでとても居心地がよかった」とコメント。共演したミッキー・カーチスも彼に対し「初めてとは思えないほど演技も自然。何の違和感もなかった。」と絶賛した。その後、映画心理カウンセラー・コトブキツバサが登場。出演者にそれぞれ好きな映画を3本挙げさせ、その心理分析を行うなど会場を盛り上げた。

イベントの締めには、Kが主題歌「Brand New Day」を初披露。目の前で聴いていた本仮屋ユイカが「最高でした!聴き惚れちゃいました!!」とコメントした通り、しっとりとしたピアノの弾き語りに涙ぐむファンの姿もあった。

「Brand New Day」は、『ビタースウィート~オトナの交差点~』の主題歌として書き下ろされた作品であり、ネスレ日本「キットカット オトナの甘さ」のTV CMの中でもオンエアされている楽曲。現在配信限定にてリリースされており、"大人の失恋ラブソング"としてファンから人気を集めている。

『ビタースウィート~オトナの交差点~』はネスレ製品をテーマに制作されたもので、4人の女性たちが時に立ち止まり、回り道しながらもそれぞれの一歩を踏み出すまでを描いたビタースウィートな物語。現在ウェブにて全4作品が無料公開されている。なお、今作の中でメガホンを取った月川翔監督が手掛ける「Brand New Day」のMVも公開中。ロボットと人間のラブストーリーで綴られた切ない映像作品として話題になっている。

【参照リンク】
・コンセプトシネマ『ビタースウィート~オトナの交差点~』
http://nestle.jp/brand/kit/otoama2014/movies/
・「Brand New Day」MV
http://youtu.be/6afGpyMn-hs
・K オフィシャル・サイト

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング