エボラ感染が漂白剤で防げる!?ネット上でデマが拡散中

AOLニュース / 2014年10月22日 12時0分

エボラ感染が漂白剤で防げる!?ネット上でデマが拡散中


全世界でその被害が確認されているエボラ出血熱。感染者が目立つ国や地域では、エボラの感染を防ぐとして、実際には何の効果もないインチキ薬品や、まじないの類がにわかに流行しはじめているが、そうした中、とんでもないデ マが、ネット上に拡散している。


英国のニュースサイトなどが伝えたところによると、現在、twitterなどのSNS上で、「漂白剤を飲めばエボラウィルスの免疫を獲得できる」 というデマが急速に拡散。無論、そんなことをしてしまえば、エボラに関係なく、人体の生命に深刻なダメージを与えることになるが、藁にもすがる思いからなのか、「善意」としてこうしたデマの拡散に協力する人々が激増しているという。これに対し、日本のユーザーは、

「さすがバカッターwバカバカしいw 」
「1910年のハレー彗星のデマと同じようなもんだな。あの時はゴムチューブが売れたらしいが」
「各国にもバカッターに類する言葉がありそう 」
「エボラでは死なないという意味じゃ負けてない」
「誰が信じるんだよw」
「デマの元はエボラが塩素系消毒剤で殺菌・死滅するから来てんだろうけど 見事なまでの斜め上の思考回路だわw」

...と、誰しもこうしたデマが流行ること自体、信じられないといった様子。

なお、言うまでもなく、漂白剤や洗剤の類を飲むことは大変危険。大量に摂取した場合は、腎不全となることもあるだけに、くれぐれもこうしたデマを信用することだけは、おやめ頂きたい。

文・藤井一成

■参照リンク

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング