48人の美女モデルが大集合!47都道府県の流行のコーディネートとは?

AOLニュース / 2014年10月24日 22時10分

48人の美女モデルが大集合!47都道府県の流行のコーディネートとは?


国内最大級のファッションアプリ「iQON」を運営するVASILYが「日本全国平均コーデ2014」を発表。さらに、同アプリのデータから全都道府県ごとの特徴を基に割り出したアイテムを使ってコーディネートした「47都道府県コーデ2014」も紹介され、総勢48人の美女モデルたちによる華やかなお披露目会となった。


「iQON」上のコーディネートに対する全国約2000万の"LIKE"数から、日本全国の女性たちが「欲しい!」と思っているファッションアイテムの傾向を基に割り出したという「日本全国平均コーデ2014」。会場にズラリと並んだモデルたちのバラエティ豊かなコーデからは、VASILY代表取締役・金山裕樹氏が「全国の"普通の女の子たち"が本当に欲しい・着たいと思っているコーデ、"今のリアル"をiQONのデータに基づき表現しました」と言うとおり、非常に現実的なファッション傾向が感じられた。

このたび発表された「日本全国平均コーデ2014」は、ブラウス・ロングパンツ・パンプス・ショルダーバッグ、フープピアス、そしてモノトーンカラーというシンプルなコーデながら、チープさを感じさせない絶妙なバランス。続いて47都道府県の平均コーデは、まず3大都市の基本スタイルを比較すると、東京はスカート、愛知はパンツスタイル、大阪はワンピースという結果に。
全国平均コーデとの誤差が少なく"流行の発信地"であることを窺わせる東京、主張こそ強くないものの淡い"お嬢様感"が伝統すら感じさせる愛知、特徴のあるアイテムやピンク色をチョイスするなど"主張の激しい"大阪という、各地のイメージを裏切らない納得のコーデになっていると言えるだろう。
また、関東近郊として何かと揶揄されがちな神奈川・千葉・埼玉の"ポスト東京"論争への意外な回答(コーデの傾向は埼玉がもっとも東京に近い!)や、全国平均/他の九州勢が落ち着いた色を好んでいるのに対し唯一ハデめなカラーを好む傾向があるという鹿児島など、様々な発見もあったお披露目会となった。


不景気時には落ち着いた地味なカラーが流行るなど、景気に影響されるというファッション業界。女性はもちろん男性も「iQON」をチェックしておけば、いざ彼女や女友達のショッピングに付き合うときなどに的確なアドバイスができるかも!? なお「iQON」では、自分がどの都道府県とセンスが近いか比較することができる「都道府県別コーデ診断」などのサービスも行っているそうなので、気になる人はチェックしてみよう。
【参照リンク】
・「iQON」オフィシャルサイト
http://www.iqon.jp/
・「都道府県別コーデ診断」(スマートフォンサイト)
http://www.iqon.jp/special/47fashioncheck/
・株式会社VASILY オフィシャルサイト

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング