乗客騒然!ポルトガルの危険な空港への着陸が強引すぎると話題

AOLニュース / 2014年10月31日 13時50分

乗客騒然!ポルトガルの危険な空港への着陸が強引すぎると話題


世界各地に点在する空港の中には、その離発着時に、厳しい環境下で、極めて高度なテクニックを必要とするものが存在している。今回ご紹介するのは、ヒストリーチャンネルによる「世界で最も危険な空港」の格付けで世界第9位にランクインしている、ポルトガルのマデイラ空港で撮影された実にあぶなっかしい着陸シーンだ。


映像開始直後から、滑走路に向かって徐々に降下していくトゥイフライ(TUIfly)航空の旅客機。しかしこの空港、海側に滑走路がせりだしているという特殊な構造となっているため、海から吹き付ける強風にあおられて、フラフラの状態。それでも懸命に高度を下げ、着陸を試みる同機だが、車輪が設置する直前まで機体は安定せず、半ば強引に着陸を行っている。

【動画】http://youtu.be/bHEG6b91dG8
<関連動画はこちら>
この空港、風のある日は、同機に限らず、多くの航空機がこのような状態に見舞われるため、着陸に失敗してやり直すケースも珍しくないという。晴天でもここまで過酷な環境であることを考えると、悪天候時のそれは、乗客にとっては想像したくもないレベルであることは間違いなさそうだ。

【動画】http://youtu.be/LjIfwNrLuJ0<関連動画はこちら>
文・藤井一成

【参照リンク】
・Bad weather crazy landing TUIfly LPMA 20-10-2014
http://youtu.be/bHEG6b91dG8

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング