おっぱいの谷間に飛び込むガジェット「タニマダイバー」、ヴィレヴァンで発売決定

AOLニュース / 2014年11月6日 23時50分

おっぱいの谷間に飛び込むガジェット「タニマダイバー」、ヴィレヴァンで発売決定


おっぱいには、男の浪漫が詰まっている。ベールに包まれた神秘的な美しい胸を想像したり、あの谷間に挟まれてみたいなど、何とかしておっぱいを制したい妄想が膨らむばかり。男子たるもの、ひとつやふたつそうした願望があるはずだ。

11月2日に東京・渋谷で開催されたヴィレッジヴァンガード後援の日本を代表するクリエイターを目指す人を応援するアワード「第1回雑貨大賞」において、そんなおっぱいに夢中な男たちを描いたフィギュア型アクセサリー「タニマダイバー」が大賞に輝いた。

同製品は、デザイン会社「エコードワークス」によって、谷間を制したいという男の浪漫を実現するべく、飽くなき挑戦を続ける男たちの姿をコンセプトに制作された。浪漫を追求する男たちに伝わる古の秘境「TANIMA」を舞台に、数多の危険を顧みず夢に突き進む者を「タニマダイバー」と呼ぶという設定も何ともユニークだ。


今回の受賞で「タニマダイバー」は、実際にヴィレッジヴァンガードの店頭に並ぶことが決定。世に広がる幾多の「TANIMA」に飛び込むことになる。


同製品を制作したデザイナー・福澤貴之さん(写真右)は「タニマダイバーは、すでにイベントでプレ販売にこぎつけています。正式な販売は今月下旬を予定。広く世の女性の胸元に輝ければと思います」とコメント。

ヴィレッジヴァンガードの白川篤典社長は「普通の雑貨は売りたくない。異質なもの特別なものを提供して、皆さんに楽しい生活を提供していきたい。今年だけではなく毎年、皆さんの作品を商品化して売らせて頂きたい。全国の女性の胸に飾れるように売っていきます!」と意気込む。


いつもおっぱいが気になってしまい、チラチラ見ることに甘んじていた冴えない日々も、「タニマダイバー」を女性にプレゼントし、凝視できる口実が得られることで大きく変わるかもしれない。くれぐれもセクハラには注意しつつ、ムフフな毎日を楽しんでほしい。

【参照リンク】
エコードワークス タニマダイバー
http://ekodworks.com/works/tanimadiver.html 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング