地元住民騒然!住宅街の真ん中でイルカ入りのビニール袋が発見される

AOLニュース / 2014年11月12日 12時0分

地元住民騒然!住宅街の真ん中でイルカ入りのビニール袋が発見される

住宅街に放置されていた巨大なビニール袋。その中には、なんと、ネズミイルカの屍骸が入っていた。そんな奇妙な事件が発生したのは、英国・ウエストサセックス。


このイルカ、発見された当初は死後さほど時間が経過していなかったようで、 もともとはそこからかなり離れた海岸に打ち上げられていたのを、発見した人々が引き上げ、住宅街の中に放置したと見られているが、その後の専門家による検証によると、この個体はかなりの高齢のようで、余命いくばくもない身でありながらも、繁殖のための交尾を重ね、それにより弱った末死亡したのではないかと推測されている。

なお、この地域でこのような事件が発生したのは今回が初めてではなく、これまでも何度か同様の事件が発生しており、2009年にも、内陸部の森の中でイルカが発見されるという騒動が巻き起こっていることから、こうした事件を引き起こす人物が周囲にいるのではないかと見て、現地当局は継続的に捜査を行っているという。

文・遠山勤

※写真はイメージです。

【参照リンク】
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/dolphin-found-dumped-alleyway-mile-4590274 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング