【ブラッド・ピット来日記念】ブラピが演じた「男が惚れる最強キャラクター」6選

AOLニュース / 2014年11月15日 10時0分

【ブラッド・ピット来日記念】ブラピが演じた「男が惚れる最強キャラクター」6選


自ら製作も務める最新主演作にしてオスカー最有力作『フューリー』。プロモーションのため、1年3ヶ月振り、10度目の来日を果たしたブラッド・ピット。今回は妻アンジェリーナ・ジョリーではなく、本作で新兵"ルーキー"としてボコボコにして鍛え上げたローガン・ラーマンを引き連れ来日を果たした。

『フューリー』では戦隊長ウォーダディーに扮しているブラピ。"フューリー(激しい怒り)"と名付けた一台の戦車に部下4人を従え、ナチの精鋭部隊300人を迎え撃つ・・・まさに男気全開なキャラクターを、ますます円熟味の増したカッコよさで披露しているのだが、思えばブラピは、これまでも様々なキャラクターを演じていた。
その中から、AOLニュース編集部が勝手に「ブラッド・ピットが演じた男が惚れる最強キャラクター」6選+番外編を厳選したぞ!


【ブラピが演じた「男が惚れる最強キャラクター」6選】

■『セブン』 デイヴィッド・ミルズ刑事
監督はデヴィッド・フィンチャー。キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件と、その事件を追う刑事たちの姿を描いた傑作サイコ・サスペンス。
ブラピ扮するミルズ刑事がケビン・スペイシー扮するジョン・ドゥを泣きながら撃ち殺す後味悪すぎる衝撃のラストシーンはいまだ語り継がれる。

【動画】http://youtu.be/1giVzxyoclE
<関連動画はこちら>

■『ファイトクラブ』 タイラー・ダーデン
エドワード・ノートン、ブラッド・ピット出演の傑作バイオレンス映画。公開当初はカルト作だったが、年々評価を高め、IMDbでは2013年現在歴代映画トップ10、Rotten Tomatoesにおいても高評価を得ている名作。 ブラピが演じたのは、悪の魅力が爆発しているファイトクラブのオーナー、タイラー・ダーデン。「最高の映画キャラクター」にも選ばれる大人気男気キャラクターだ。

【動画】http://youtu.be/Lu0xbOJ6fFo
<関連動画はこちら>

■『イングロリアス・バスターズ』 アルド・レイン
監督・脚本はクエンティン・タランティーノ。第82回アカデミー賞では8部門でノミネートされるなど、映画賞も多数獲得し、タランティーノの監督の映画では最大のヒット作となった。
ブラピが演じたのは、名誉なきならず者軍団「イングロリアス・バスターズ」を率いる「ヒトラーが恐れる男」アルド・レイン中尉。アパッチナイフを片手にナチの頭を剥ぎまくり血祭りにする!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOLニュース

トピックスRSS

ランキング