盗撮事件で逮捕された現役神職(49)に「まさにバチ当たり」「裁きが下った」

AOLニュース / 2014年12月3日 17時0分

盗撮事件で逮捕された現役神職(49)に「まさにバチ当たり」「裁きが下った」


神に仕えている現職の神職が、女性のスカートの中を盗撮し逮捕されるという、なんとも信じがたい事件が発生した。逮捕されたのは、出羽三山神社神職・高橋徳善(49)。同被疑者の逮捕を受けて、山形県警は神社を家宅捜索した。


事件のあったのは山形県鶴岡市にあるパチンコ店で、去る11月16日の午後10時頃、この店にいた30代女性のスカートの中を、同被疑者が5cmほどの小型カメラを使って盗撮した疑い。この際、被疑者は女性の背後から近づいて撮影したと考えられるが、その後、店内に落ちているカメラをこの店のスタッフが発見、防犯カメラの映像などが決め手となって、今回の逮捕へと繋がったという。

この「神職が盗撮で逮捕される」という、まさに神をも恐れぬ犯行に、ネット上からは「まさにバチあたりw」「ムッシュムラムラ~みたいに厳かな雰囲気で画像を拝んでたんだろうなw」「神頼みも通じないというわけかw」「裁きが下ったな」と多くの呆れ声が。

なお、発見されたカメラには、何人もの女性の姿を写した画像が残っていたことから、犯行そのものには成功していたと考えられるこの神職。発覚をおそれて小型カメラを使うという計画的な犯行であったにもかかわらず、その後の"うっかり"が原因で逮捕となったが、今度は神の裁きだけではなく、法の裁きも受けることとなりそうだ。

文・杉下薫

※写真はイメージです。

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング