英大衆誌「HELLO!」の表紙を飾ったカップルの離婚率が笑えないレベル

AOLニュース / 2014年12月20日 18時0分

英大衆誌「HELLO!」の表紙を飾ったカップルの離婚率が笑えないレベル


アメリカの映画界では"アカデミー賞主演女優賞を獲った女優は離婚する"というジンクスがあるが、似たようなものがイギリスにもあるらしい。それは「カップルで英大衆誌『HELLO!』の表紙を飾ると、離婚する可能性が高くなる」というものだ。


<mirror.co.uk>によると、同誌の表紙に登場したカップルが結婚から6年以内に離婚する率は16%で、そうでないカップル(=一般のカップル)は11%。ここ10年あまりで表紙に登場した62組のうち、すでに10組が離婚に至っているという。

例えばリアリティー番組のスター、キム・カーダシアンとNBA選手のクリス・ハンフリーズはわずか72日間で離婚申請(その後13年に離婚が成立)。ほかにもウエストライフのブライアン・マックファーデンと元アトミック・キトゥンのケリー・カトーナ、女優のエリザベス・ハーレイと実業家のアルン・ナヤル氏、セクシーモデルのケイティ・プライスと歌手のピーター・アンドレなどがいる。

そんな"不幸のサークル"入りを果たしたのでは? と言われているのが、最近表紙を飾ったばかりのスパイスガールズのメンバー、メル・B(メラニー・ブラウン)。表紙には夫で映画プロデューサーのスティーブン・ベラフォンテ氏と2011年に生まれた娘の3人が登場し、幸せそうな家族といった印象を与えている。しかもメルの指にはめられているのは、1ヶ月前に夫から贈られたという2万ポンド(約370万円)ものゴージャスな結婚指輪だ。

だが最近、オーディション番組『Xファクター』に審査員として登場した時には指輪がはずされていた。さらに本人は否定しているものの、夫がメルを殴ったという噂もネットで飛び交っている。

ちなみに<mirror.co.uk>の読者アンケートでは、この仮説を「ただのこじつけ」と考える人が7割以上。<mirror.co.uk>自体も、最後には「有名人は一般人よりも離婚の可能性が高い」としており、「『HELLO!』の呪い」と決めつけるには無理がありそうだ。

【参照リンク】
・Is Mel B a victim of the Hello Magazine CURSE?!
http://www.mirror.co.uk/news/ampp3d/mel-b-victim-hello-magazine-4819281 

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング