「ゴーエンパーリィ~!」話題のAndroidのCM曲に盗作疑惑?ネット上でも賛否続々

AOLニュース / 2014年12月22日 12時0分

「ゴーエンパーリィ~!」話題のAndroidのCM曲に盗作疑惑?ネット上でも賛否続々


ここ最近かなりの頻度でTV CMが流れ続けているAndroidのCM。「ゴーエンパーリィー」という女性の声とリズムが「心地よい」とか「イライラする」とか色々言われているが、ネット上で「ロンドンを拠点としているユニットCRYSTAL FIGHTERSの『I LOVE LONDON』に似すぎている」との指摘があり話題となっている。


AndroidのCMはRIP SLYMEのDJ Fumiya、歌は椎名琴音が制作、表記ではオリジナルと推測されるが、特徴のあるリズムや「I LOVE LONDON!」という掛け声、さらにはリズムに合わせた女性の声など随分参考にしたのだろうと思われるくらい似ている。

Crystal Fightersといえば、日本でもダンスロック好きなどに支持されているフランスのインディーレーベル「Kitsune」から、当該の「I LOVE LONDON」で2009年にデビューしているので、当然こちらが先。

ネット上では「似すぎだろ」「オマージュとかそんなんじゃないの?」「許可取ってるかしてないとヤバいのでは...」などかなり似ているという判定をする人もいるが、「リズムが違うじゃないか」「これで盗作とか酷すぎるわ 全く別曲」という意見も。

【動画】Android:みんなの and
http://youtu.be/YlZ-GI-jrHc
<関連動画はこちら>

【動画】CRYSTAL FIGHTERS "I LOVE LONDON"
http://youtu.be/fGZbIZRAUM4
<関連動画はこちら>

実際この手の「盗作疑惑」という案件に関しては、結局制作した当事者同士で訴えを起こさない限りは訴訟には発展しないと思うが、「白か黒か」は別として、余りに似すぎているとクリエイターの信用問題にも発展しかねない。ネット上ではこの手の盗作判定は頻繁に行われており、「さすがに似ていないだろ」というものも少なくない。

■参照リンク
Android:みんなの

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング