NHKの元旦・早朝の番組構成が粋でカッコよすぎるとネット上で称賛の嵐

AOLニュース / 2015年1月1日 0時45分

NHKの元旦・早朝の番組構成が粋でカッコよすぎるとネット上で称賛の嵐

元旦の番組編成で見せたNHKの遊び心に「NHKさすがだな」「これは良いNHK」の声

今年も大晦日から元旦にかけて、各局とも実に様々な番組が目白押しであったが、そうした中、大晦日付けの新聞に記されたNHKの番組構成が「粋」だとネット上で話題になっている。



このほどネット上で注目を集めているのは、紅白歌合戦の放映された去る12月31日の大晦日付で、各家庭に配達された新聞のテレビ欄で、元旦1月1日の早朝部分に目をやると、そこには、

4:30 美の壺選 富士山!
5:00 動物選 タカ!
6:00 うまい なす!

...と、縁起が良いとされる初夢の「一富士、二鷹、三茄子」になぞらえたと思しき番組の記載が。そのため、これを知ったネット上のユーザーからは「NHKさすがだな」「強引だけど好感持てるわw」「この余裕は評価したい」「これは良いNHK」「いや、おまいらその前のふんどし男につっこめよw」「ふんどし男のリベンジってなんなんだよw」「新年早々まさかのふんどしw」と、こうしたNHKの遊び心に賞賛の声が相次いだ。

ちなみに、初夢の「一富士二鷹三茄子」には続きがあり、以下、「四扇五煙草六座頭(しせんごたばころくざとう)」となっている。さすがにこれらをすべて見て、フルコン状態の初夢を見るという人は少ないとは思うが、カウントダウンイベントなどで年を越し、ようやく今から初夢を見るという人は、是非とも良い夢がみれるよう、チャレンジしてみては如何だろうか。

【参照リンク】

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング