【機動戦士ガンダム】シャアの見逃されがちだけど好きすぎる名言ベスト3(+1)

AOLニュース / 2015年5月4日 12時0分

【機動戦士ガンダム】シャアの見逃されがちだけど好きすぎる名言ベスト3(+1)


みなさん、シャア・アズナブル師匠のことをご存知でしょうか?



そうです、そうです、「機動戦士ガンダム」シリーズの中でも1、2を争うあの人気キャラです。
ですから、例え「ガンダム」を観たことないよという方でも、
「あのアムロのライバルだった人でしょ!」
とか、
「あのシャレオツすぎる仮面をかぶったクールガイでしょ!」
とか、
「あの赤い人でしょ!」
とか、
「てかノースリーブグラサンでしょ!」
とか、
「ロリコン!」
とか、
「マザコン!」
とか、それぐらいの知識は当たり前のように持っておられるのではと思います。

でもまぁ、全くシャア師匠のことを知らない方のために、とりあえず、ざっくりと彼の説明をさせていただきます。
そもそもシャア・アズナブル師匠とは「機動戦士ガンダム」に登場した敵キャラです。ザクやズゴックやゲルググといった主に赤いモビルスーツを操るジオン軍の凄腕パイロットで、連邦軍でガンダムに搭乗するアムロ(主人公)の前に何度も何度も立ちはだかる御仁です。

でも実はシャア師匠の生い立ちはけっこう複雑でして・・・
本気で解説すると超長くなるんで、一気に端的に解説します。
実はシャア師匠は、ジオン共和国創始者であるジオン・ズム・ダイクンの実子なんですが、ダイクンが急死して(暗殺されたとの噂もあり)ザビ家とやらにお国ごと乗っ取られて、迫害されて逃亡生活をしいられ、でもってシャア・アズナブルという偽名を手に入れて、ザビ家に復讐するためにジオン軍に潜り込んでいたっていう、悲劇の王子様的なポジションなんです。

そんな不幸を背負った男だからこそ彼の言い放った言葉には深みが出て、
「認めたくないものだな。自分自身の若狭ゆえの過ちというものを」
とか、
「見せてもらおうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを」
とか、
「坊やだからさ」
とか、"名言メーカー"とも言えるほどの珠玉の至言の数々を残しているのでした。

でも、いわゆるシャアの名言の代表格として挙げられる上記のような言葉は、誤解を恐れずに言わせていただくと、「どれもこれもしゃらくせーものばかり」だと思っています。

何でかって言うと、だって、どれもこれも、めちゃくちゃカッコいいセリフだから。
どれもこれも、スタイリッシュで、クールで、達観している風だから。

だが、そうじゃねぇのだ。本当のシャアという男は、そうじゃねぇのだ!
クールでもスタイリッシュでもないのだ!!

自分の女を奪った男に復讐するために、わざわざご大層な大義を掲げて地球に隕石を落としちゃうような嫉妬男なのだ。失恋して自暴自棄になる中2女子的マインドの持ち主の男子なのだ。

AOLニュース

トピックスRSS

ランキング