ホイットニー・ヒューストンの葬儀で元夫が一悶着

AOL ミュージック / 2012年2月20日 16時0分

ホイットニー・ヒューストンの葬儀で元夫が一悶着

Filed under: ニュース, theBoomBox, Whitney Houston, お悔やみ, Hip Hop・R&B

18日にニュージャージー州の教会で行われたホイットニー・ヒューストンの葬儀には、彼女と親交の深かった著名人たちが多く集まった。スティービー・ワンダーやアリシア・キーズは追悼の歌を捧げ、映画『ボディ・ガード』で共演したケヴィン・コスナーは弔辞を述べ、感動的な式となった。

しかしホイットニーの元夫ボビー・ブラウンだけはいささか違ったようだ。彼は会場でパフォーマンスを行う予定だったにも関らず、式の途中に退席してしまったのである。この事実に対して周囲からは色々な推測がされていたが、<ETonline>の中でブラウンは次のような声明を発表した。

「俺と子供は元妻ホイットニーの式に招待されていた。でも俺たちはセキュリティによって席に座らされた挙げ句、3回も席を変わるように言われたんだ。なんで俺らだけがこんな目に遭うのか理解できなかったよ。他の誰も席を動いたりしていなかったのに。さらにセキュリティは俺が(ホイットニーとの間にできた)娘のクリスティーナと会うのを邪魔したんだ。俺はイベントを邪魔したくはなかったから、ホイットニーの棺にキスをしてその場を離れたってわけだけど、ホイットニーはこんな風になることを望んだのかな。でもとにかく俺はこれからも一番良いやり方で彼女をリスペクトし続けるさ」

葬儀が行われる前から、「ボビー・ブラウンが葬儀に参加するのか!?」というトピックは度々報道されていたが、いくつかのメディアは「ホイットニーの家族は彼を葬儀に招待したがっていない」と報じていた。

ブラウンはホイットニーと結婚している間、彼女に度々暴力を加えたとされ、さらに彼女が薬物依存になったきっかけを作った人物であるとも囁かれている。世界中がホイットニーを失った悲しみにくれる中、ヒューストン家は複雑な心情でブラウンの式への参加、そして退席を見守ったことだろう。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング