「マイケルの最後のアルバムの未発表曲は全てニセモノ」娘パリスが激白

AOL ミュージック / 2012年3月2日 16時0分

「マイケルの最後のアルバムの未発表曲は全てニセモノ」娘パリスが激白

Filed under: ニュース, AOL Music Blog, Michael Jackson, ネット・SNS・ブログ, ゴシップ, ポップス

マイケル最後のアルバム『マイケル』に収録されている未発表曲について、実は歌っているのはマイケル本人ではないとの疑惑が浮上している。娘パリスが友人達とチャットした記録がネット上にアップされているだが、そこで彼女は「アルバムで歌っているのはソックリさん」だと友人達に告白しているのだ。

チャットの内容は2010年のものなのだが、友人の1人に「なんで『Hold My Hand』の声だけマイケルっぽく聴こえないの?」と尋ねられたパリスは、「あの曲だけじゃないわ、実はあのアルバムの全てが別人なのよ!」と激白。さらにパリスは「"ジェイソン・マラチ"って<YouTube>で検索してみてよ、それが実際に歌っている人だから。(マイケルは)いつも私のために歌ってくれていたから、もしアルバムで歌っているのが本当に父ならすぐ分かるはずだもん」と確信を持ったコメントを残している。

このチャット動画がリークしたことに関しては、パリスは笑い話の種くらいに思っていないようで冗談を飛ばしたりしていたが、ソニーはこれを大慌てで否定、ジェイソン本人もそんな事実はないとして否定している。しかしこのチャット動画は既に<YouTube>以外にも各動画サイトに拡散してしまっているので、これを見て不信感を抱いている人は多くいるはずだ。

しかしこのような疑惑が浮上したのは今回が初めてのことではない。実は2010年にもマイケルの側近達がレーベルに "偽のレコーディング内容" を送りつけたとして、マイケルの母キャサリンが訴え出たこともあるのだ。果たして真実はいかに。実際に聞き比べてみて、あなたはどう思うだろうか。

『Hold My Hand』

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング