エル・デバージ、ロサンゼルスにて麻薬所持で逮捕!

AOL ミュージック / 2012年3月23日 16時20分

Filed under: ニュース, theBoomBox, ドラッグ・アルコール, Hip Hop・R&B

80年代トップ・グループ、デバージのシンガー、エル・デバージが3月20日、麻薬所持で現行犯逮捕された。

彼が逮捕されたのはロサンゼルスのフリーウェイ近く、丁度そのとき麻薬取引の最中でデバージは売るための麻薬を大量に所持していたとのこと、なお麻薬の種類についてなど詳細は公表されていない。そのまま収監されたデバージだが、すぐに30,000ドルの保釈金で保釈され、4月に行なわれる公判にのぞむことになった。今回の逮捕は2001年に初めて麻薬所持で逮捕されて以来3度目となる。

2010年のLP『Second Chance』が第54回目グラミー賞の最優秀R&B部門にノミネートされ、授賞式に出席したデバージはその際<The BoomBox>の取材に対し、自身の麻薬中毒について「ドラッグは強力だ。人間を攻撃的な性格にしてしまう。それは人間の前向きさをも奪い、本当は必要じゃない困難や挑戦を人にもたらしてしまうものだ。でも皆、麻薬に負けないよう強くならなければならないし、誰もがその強さを持っているんだ。そのことを改めて教えてくれたロン・フェアー氏(レコード会社ゲフィンの元チェアマン)に感謝の意を伝えたい。」と語っていたばかり。

重々分かっていても、やはり簡単に麻薬に打ち勝つことはできないのだろうか。

【関連記事】

AOL ミュージック

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング