ケイティ・ペリーの新作PV、「海兵隊の宣伝行為」と批判を受ける

AOL ミュージック / 2012年3月28日 16時20分

Filed under: ニュース, AOL Music Blog, Katy Perry, ネット・SNS・ブログ, ポップス

ケイティ・ペリーの新作「パート・オブ・ミー」のPVは、著書「The Beauty Myth」で知られる女性作家ナオミ・ウルフを含む一部の人々の間で、物議を醸すことになった。

ウルフはケイティがPVの中で軍服を着て登場していることについて、彼女のフェイスブック・ページでケイティに宛てたメッセージを投稿した。

「ケイティの海兵隊ビデオみた?あれって単なる海兵隊の宣伝行為じゃない?彼女が軍隊からお金をもらっているのか知りたいものだわ。恥ずかしいことだわね」「もし私と同様にこのことについて腹立たしく思っているならば、私もかつて大好きだったこのシンガーをボイコットしませんか?」

そしてこのような投稿をした後にウルフは、止まらない彼女の意見や想いを、さらにこの場で吐露するようになる。

ある投稿には、「彼女が "アーティスト" として、ミリタリーに宣伝費をもらってたんなら、彼女はそれをはっきりとその事実を示すべきだわ!」というコメントの後に、実際の米海兵隊のビデオ・リンクが貼ってあった。ビデオにはこうある。「全ての女性は平等に作られているのだ。そしてその中で海兵隊になる者達もいるのだ」

PVの中では彼の浮気現場を発見し失恋したケイティが、車で立ち寄ったガソリン・スタンドの掲示板で「全ての女性は平等に作られているのだ。そしてその中で海兵隊になる者達もいるのだ」という前述のメッセージが書いたステッカーを見つける。そしてケイティは心機一転、いきなりガソリン・スタンドのトイレで髪をハサミでばっさりと切って、入隊を決意するのだった。そして入隊したケイティのハードな海兵隊生活は続く......

このビデオは21日にアップされていて、こちらのページで閲覧できるのでじっくり見てみよう。...ウルフのケイティへの意見は留まることをしらないようだが、一方のケイティはこのことを知ってか知らずか、この件に関してのコメントはしていない。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング