韓国、レディ・ガガのツアーに対して制限を設定

AOL ミュージック / 2012年4月7日 13時45分

Filed under: ニュース, lady gaga, AOL Music Blog, コンサート・フェスティバル, 政治に関すること, ポップス

韓国がレディ・ガガのコンサートに関して18歳以下の参加は認めないという制限を設けたことが明らかになり、議論となっている。

韓国のキリスト教協会はレディ・ガガに対し「同性愛とポルノに若い世代が悪影響を受けないような行動を取るべきだと主張しています」と書面で発表した。レディガガは同性愛に対して率直な意見を述べることと、また性的なイメージが強いステージや音楽活動を展開していることで知られており、彼女の「アレハンドロ」や「ジューダス」のミュージックビデオが宗教的な問題を世俗化したとして、カトリック教会の反感を買っていた。

コンサートツアーは4月27日にソウルのオリンピックスタジアムからスタートする予定だが、最初から波乱含みの展開になりそうだ。ガガはツイッターで今回の年齢制限に触れ、「韓国の大人の方々が、私のツアーに参加したいと思っている若い人たちのために立ち上がってくれていることに感謝します。政府が考え直してくれるかも知れません」とつぶやいている。ちなみに年齢制限は当初は12歳以上だったが、後に18歳以上に引き上げられている。

また、ガガは、参加させるかどうかの決定は政府ではなく親が決めることだとし、「ソウルのチケット売上に現状影響は出ていませんが、子供たちにとって何が良いのかという判断に関しては保護者にもっと多くの権限を与えるべきだと思います。ファンを愛しています」と続けている。

尚、韓国のメディア評議会によると、レディ・ガガはマリリン・マンソン、50セント、ジェイ・Zに続き、未成年の参加が禁止となった4人目の海外アーティストとなっている。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング