ホイットニー・ヒューストン、死の直前の911通報記録が公開

AOL ミュージック / 2012年4月13日 16時0分

ホイットニー・ヒューストン、死の直前の911通報記録が公開

Filed under: ニュース, AOL Music Blog, Whitney Houston, Hip Hop・R&B

ホイットニー・ヒューストンが急死した前夜、彼女が泊まっていたホテルの警備員が通報した911の通話記録が公開された。死因に関する捜査が "事故死" というかたちで解決されたほんの数時間後のことである。

今回明らかになった内容によると、911の電話を受けた救急サービスのオペレーターは、その当時ホイットニーがホテルの浴槽で顔を下にして意識を失っている状態で発見したアシスタントと、直接的なやりとりができなかったというのだ。

さらに911に電話をかけたホテルの警備員は、ホイットニーが倒れている部屋に駆けつけることができなかったために、ホイットニーの状態を示すのに不可欠な情報をオペレーターに伝えることができなかったとし、その理由はアシスタントの女性がホテルの部屋の電話を切らずに対応し続けることを拒否したからだと述べている。

つまり彼曰く、アシスタントの女性が「何度も電話から離れてしまった」ため、オペレーターからの救命措置の指示が遅れてしまった、というのだ。

救命措置の遅れがなければホイットニーは死なずに済んだかというと定かではないが、今回明らかになったニュースを聞いて「もし適切な処置がされていたら...」と思ってしまうファンは多くいるだろう。

911救急サービス オペレーターとの通報記録 <関連動画はこちら>

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング