I Will Always Love You、I'm Every Woman...ホイットニー・ヒューストンの名曲

AOL ミュージック / 2012年4月19日 17時25分

Filed under: AOL Radio Blog, ホットリスト, Whitney Houston, いい話, ポップス, Hip Hop・R&B

2012年2月11日に48歳の若さでこの世を去ってしまった歌姫、ホイットニー・ヒューストン。30年以上の輝かしいキャリアの中から、ホイットニーの名曲を<AOL Radio Blog>がピックアップ。


10.「I'm Every Woman」



1993年にリリースされたこの曲は、チャカ・カーンの1978年のヒット曲のカバーだった。ホイットニーはかつて、チャカのバックボーカルを務めていたという。ケヴィン・コスナーと共演した大ヒット映画『ボディガード』のサントラにも収録され、チャカのオリジナルよりもチャートをにぎわす大ヒット曲となった。

HMVで購入する

Youtube

9.「Exhale (Shoop Shoop)」」



ホイットニーも出演した恋愛映画『ため息つかせて』(1995年)のサントラからのリードシングル。ベイビーフェイスが手がけたこの曲は、ホイットニーの成熟したソウルフルな声を披露したとして報道関係者たちから高い評価を得た。

HMVで購入する

Youtube

8. 「Didn't We Almost Have It All」



2ndアルバム『Whitney』からの2枚目のシングル。ホイットニーの楽曲の中でも絶賛されたナンバーで、1988年のグラミー賞では最優秀楽曲賞にノミネートされた。

HMVで購入する

Youtube

7. 「I Have Nothing」



こちらも『ボディガード』のサントラ収録曲。全米シングルチャートでは最高4位を記録し、『アメリカン・アイドル』や『Xファクター』といったオーディション番組でもよく使われる1曲だ。

HMVで購入する

Youtube

6. 「Saving All My Love For You」



ビリー・デイヴィス・ジュニア&マリリン・マックー夫婦によるバラードをカバーし、1985年に発表した「Saving...」。ホイットニー史上最初のNo.1シングルとなった。既婚男性への愛を歌ったこの曲で、彼女は1986年のグラミー賞で最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンスにも輝いている。

HMVで購入する

Youtube

5. 「How Will I Know」



ホイットニーのセルフタイトル・アルバムの収録曲。もともとはジャネット・ジャクソンのための楽曲だったが、ジャネットが見送ったためホイットニーが歌うことに。全米シングチャートでは1位を獲得した。

HMVで購入する

Youtube

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング