せつなく、鋭く、強く、美しく。ノラ・ジョーンズ、新作語る

AOL ミュージック / 2012年4月25日 18時0分

Filed under: インタビュー, リリース, ワールド, Norah Jones

2002年デビュー作『ノラ・ジョーンズ』でのグラミー賞8部門受賞を皮切りに、全世界で4,000万枚ものセールスを誇る世界の歌姫ノラ・ジョーンズが、2年半ぶりに『リトル・ブロークン・ハーツ / Little Broken Hearts』を発売した。 音楽性は変化しながらもスモーキーかつナチュラルな歌声で人々を魅了する彼女が、レトロなサウンドに乗せ心の内を曝け出した最新作への思いと、今作でプロデューサーを務めた奇才デンジャー・マウスについてインタビューを試みた。


ノラ・ジョーンズ :インタビュー&PV映像
if(typeof AOLVP_cfg==='undefined')AOLVP_cfg=[];AOLVP_cfg.push({id:'AOLVP_jp_109496863001','codever':0.1, 'autoload':true, 'autoplay':true, 'playerid':'83118114001', 'videoid':'1581273973001', 'width':600, 'height':418, 'stillurl':'', 'playertype':'inline','playlist':true});

-新作『リトル・ブロークン・ハーツ』が完成して、どんな気持ちですか?

ノラ・ジョーンズ(以下、ノラ):リリースを楽しみにしているし作るのも楽しかった。

-制作がこれまでより楽しかったということですか?

いつもと違うやり方をしたの。(プロデューサーの)ブライアンと一緒にスタジオに入ってから、曲作りを始めた。楽器もほとんど2人で演奏していったの。今までは曲を作り上げて、アレンジもある程度した後でスタジオに入っていたからこれまでとは全く違う経験だったわ。

-「新しい音楽」を創造したいという気持ちが?

いろんなことに対してオープンだった。ブライアン(デンジャー・マウス)を信頼していたし、彼からも多くのアーティストが実はスタジオで曲を書くと聞いて私もやってみよう、と。

-今作の歌詞について

人生で経験したことは曲や歌に影響を与える。歌詞やフィーリングをどうやって表現するのか考えるわ。インスピレーションになるここ数年間の自分の経験や失恋とか、ブライアンとスタジオに入って友達として話すと恋愛の話にもなって、そういったことが歌になっているわ。
(以上、動画インタビューより一部抜粋)


★シングル「ハッピー・ピルズ~幸せの特効薬」PV




■ノラ・ジョーンズ『リトル・ブロークン・ハーツ / Little Broken Hearts』
■発売日: 2012年4月25日(水)
■価格:  2,300円(税込)
■商品番号: TOCP-71280
■歌詞・対訳・ライナーノーツ付
■日本盤ボーナス・トラック「I Don't Wanna Hear Another Sound」収録

HMVで購入する

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング