R.I.P. MCA:ビースティー・ボーイズのアダム・ヤウク死去

AOL ミュージック / 2012年5月5日 6時0分

Filed under: ニュース, Beastie Boys, お悔やみ, Hip Hop・R&B, The Huffington Post

5月4日朝(現地時間)、ビースティー・ボーイズのMCAことアダム・ヤウクさんが亡くなった。ヤウクさんは約3年前から唾液腺癌を患っていた。
ビースティー・ボーイズは自身のWebsiteに以下の声明を掲載した:
"とても悲しいことだけど、ミュージシャン、ラッパー、活動家であり監督であり、ビースティー・ボーイズの創設メンバーであり、チベタン・フリーダム・コンサートを主催している非営利団体「ミラレパ基金」、映画製作/配給会社「オシロスコープ・ラボラトリーズ」の設立者でもあるアダム"MCA"ヤウクが、3年近くに渡る闘癌の末、彼の故郷ニューヨークで亡くなった。彼は47歳だった。"

ヤウクさんは、2009年7月、唾液腺に癌性腫瘍が見つかったため治療を受けることを発表し、予定していたライブをキャンセル、アルバムの発売も延期することを発表していた。
2011年に、癌が完治したという誤った報道が流れた際は、ヤウクさん自身がWebsiteで否定する声明を発表していた。

最近では、ビースティー・ボーイズがロックの殿堂入りを果たし、4月14日クリーブランドで開催された式典に、ヤウクさんが欠席したこともあって、健康状態が悪化していると見られていた。

アダム・ヤウクの訃報を伝える米国番組

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング