ビヨンセ、マイケルの命日に書いた手紙を公開! 「彼は私をアーティストにしてくれた」

AOL ミュージック / 2012年6月28日 17時0分

Filed under: ニュース, Beyonce, いい話, Hip Hop・R&B, The Huffington Post

今月25日、マイケル・ジャクソンの命日に、マイケルを敬愛していたビヨンセが彼宛てに一通の手紙を書いていた。

「私がデビューしたばかりの頃、私にとって初めてのプロデューサーが、『Who's Loving You』の時のマイケル・ジャクソンのライブ・パフォーマンスを聴かせてくれたの。彼はそのビデオを何度も私に繰り返し見せたわ」

ビヨンセはアーティストになるために必要な "ソウル" をマイケルから学んだのだという。彼女自身がそのことをマイケルから「盗んだ」と手紙の中で表現しているほどだ。

「マイケル・ジャクソンは私を変え、私がアーティストになるための手助けをしてくれた。マイケル、本当にありがとう!」とビヨンセは手紙の最後で心からの感謝を述べている。なお、手紙の全文はこちらから見ることができる。

しかし、彼の命日にマイケルを讃えたのはビヨンセだけではない。寄せられた数多くのツイートやコメントが物語るように、彼は世界中のアーティスト、音楽ファンに今も愛されているのである。

マイケルの娘、パリスが出演したインタビュー番組の映像

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング