<CNN>が発表したゴティエ自殺の誤報を本人がツイートで否定!

AOL ミュージック / 2012年7月4日 16時40分

Filed under: ニュース, Spinner, ネット・SNS・ブログ, ロック

世界中で「Somebody That I Used to Know」が大ヒットし、現在最も大きな注目を集める新鋭、ゴティエ。しかし先日、そんな彼が自殺をしたという<CNN>のニュース記事がウェブ上に浮上したのである。

「ゴティエ、9mmのハンドガンで死亡。検査当局は自殺と断定」などと報じられた信じ難いニュースに周囲は大騒ぎとなったが、後ほどこれが誤報であると判明。現在元気にツアー中のゴティエとバンドの面々は、一連のニュースを否定し無事を知らせるため、幾つものツイートを投稿したようだ。

そもそも、ことの発端はツイッター上のデマなのだとか。無数に涌いては消えるツイッター上の誤情報など普段なら放っておくうちに消えるものだが、今回はたまたま<CNN>がこれを取り上げて記事にしてしまったため、デマは大々的なニュースとして世間に広がってしまったのである。

その後投稿されたゴティエ本人の「僕は死んでないよ」とツイートに続き、ツアー・メンバーのティム・シールは「ゴティエはユニコーンに跨がって二重の虹の上を飛んでたら急に心肺が停止しちゃったんだ! 」「ゴティエのツアーは続くから心配しないで! テレンス・トレント・ダービーをゲストに呼ぶから(かつてオーストラリアのバンドINXSのボーカル、マイケル・ハッチェンスが自殺した際、ダービーが一時代役を務めたことがある)」と、この死亡騒動を茶化したツイートを連続して投稿。

さらには、「さっきゴティエの幽霊がやってきて、これからは"Gotye"じゃなくて"Ghostye(Ghost=幽霊)"でいこうと話してたところだよ」という傑作なコメントまで飛び出す始末。案外本人達もこのバカバカしい騒ぎを楽しんでいるようだ。

8月15日に韓国・ソウルで開催されるフェス "Super!Sonic Festival" 、さらに日本での "サマーソニック" にも登場する予定のゴティエ。さらに、今年の後半は北米とヨーロッパツアー、年末にはオーストラリア凱旋を控えている。スケジュールびっしりの売れっ子に死んでいる暇などなさそうだ。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング