夏にピッタリのカントリーソング10選

AOL ミュージック / 2012年7月17日 16時30分

Filed under: ホットリスト, いい話, ワールド

「夏だ、時間がゆっくりと流れていく」と名曲『Summertime』で歌われているが、このテーマはその後も多くのカントリー歌手によって受け継がれているようだ。移動手段のことから、着る服、そして何を飲むかなど、様々な歌が存在する中、今回は夏にピッタリのカントリーソングを10曲取り上げた。




10.「ウォーター」

ブラッド・ペイズリー



水が怖いという人も、曲ならば怖くはないだろう。人間の体の約60%は水分だが、夏を思いっきり楽しむためにはいくら濡れても満足することはない。
9.「スイート・サマー・ラヴィン」

ドリー・パートン



ビーチやバーベキューをして夏を過ごすよりも、ドリーの場合はタンポポに気持ちが向いているようだ。 8.「ノー・シューズ、ノー・シャツ、ノー・プロブレム」

ケニー・チェズニー



全裸に近い恰好でレストランへ行けば、追い出されてしまうが、夏休みとなれば、シャツを脱いで裸足になり、気楽に過ごすしかない。ただし、しっかりと鍛えて日焼けしている男性に限る。
7.「サンシャイン&サマータイム」

フェイス・ヒル



フェイスはこの曲で "裸足の女性と派手なメルセデスベンツ" の仲間入りを果たしたが、麦わら帽子とTバールーフのカマロでもそこへ参加できる。彼女と一緒に夏を楽しみたくない人はいないはずだ。
6.「サムシング・ライク・ザット」

ティム・マクグロー

バーベキューの染みがついたTシャツを着るような10代の男の子がミニスカートの素敵な女の子に出会うというストーリーは、忘れられない夏の終わりの思い出のように聴こえるが、今でもその素敵な思い出は色褪せない。
5.「ストロベリー・ワイン」

ディアナ・カーター



ビーチだけが夏の思い出ではない。30歳になって純潔を失ったあの子のことや、単純だったあの頃を思い出すように、ディアナはその「全てが変わってしまったあの夏」を鮮やかに、そしてほろ苦く描き出している。


4.「ドランク・オン・ユー」

ルーク・ブライアン



うっとりとするようなロマンスは、夏を通じて話題となるテーマだが、その恋愛対象が少し秘密めいた場合は、その話題が多少古くなってしまった後も、甘い思い出として残るだろう。
3.「トーズ」

ザック・ブラウン・バンド



ジョージア州から暖かいメキシコへ移ったザック・ブラウン・バンドは、ジョージアへ戻ってきた時、メキシコを持ち帰ってきた。全てが想像の世界の中だとしても人生は最高だという曲だ。
2.「ポンツーン」

リトル・ビッグ・タウン



ポンツーン・ボートを最初に生み出したのは、ミネソタで農家を営むアンブローズ・ウィーレスだった。60年が経った後、カントリー界では、ジェットスキーに続いて人気のある夏のアイテムとなっている。リトル・ビッグ・タウンのこの歌で、モーターボートが再び娯楽として人々の頭の中に戻ってくるだろう。
1.「チャッタフーチー」

アラン・ジャクソン



冷たいアルコールを欲している人には、ハンバーガーとグレープ味のかき氷では物足りないだろう。アランはこのパーティーソングで、ジョージア川の側でビールを何本も飲みながら、いくつかの教訓を交えながらストーリーを語り合う姿を描いている。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング