マドンナがまたもや波紋... 公演中の演出がコロラド事件を受けて激しい抗議に!

AOL ミュージック / 2012年7月27日 16時0分

マドンナがまたもや波紋... 公演中の演出がコロラド事件を受けて激しい抗議に!

Filed under: ニュース, Madonna, コンサート・フェスティバル, 裁判・事件, ポップス, The Huffington Post

コンサート中、マシンガンや拳銃を振り回したマドンナのパフォーマンスに対して激しい抗議の声が挙っている。世界中で報じられたコロラド銃乱射事件の直後にも関わらず、マドンナがスコットランド公演で自粛することなくこの演出を行ったことが問題視されているようだ。

銃に反対する婦人団体 "Mothers Against Guns" は「マドンナの銃を持った演出にはこれまでも疑問を感じていましたが、コロラドでの事件の後とあっては最早最悪です」とコメント。しかし一方、マドンナのツアースタッフは「マドンナは自分のアートを規制されるくらいならツアーをキャンセルするだろうね。これまでも彼女は『これはやるな。あれもやるな』と指図してくる連中とずっと戦ってきたんだ。いまさら奴らの言うことを訊くつもりはないだろう」と話している。

これまでも、自ら乳首やヒップを見せてみたり、政治家の顔にナチスを象徴する鉤十字を映してみたり、あるいはレディ・ガガを小突いてみせたり、何かと世間を挑発している彼女だが、今回は凶悪な事件が絡んでいることもあって「相変わらずのマドンナ」の一言で済むのかどうか微妙な所であるようだ。世間の良識と "アート" を重んじる過激なポップスターとの争いはまだまだ続く。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング