伝記本著者が明かすミック・ジャガーの赤裸々なロックンロール・ライフ

AOL ミュージック / 2012年8月4日 16時15分

Filed under: ニュース, ロック, Mick Jagger, The Huffington Post

クリストファー・アンダーソンが執筆したミック・ジャガーの伝記本『Mick: The Wild Life and Mad Genius Of Jagger』では、「過去4,000人の女性と寝た」といった、ミックの私生活がかなり赤裸々に明かされ、大きな話題を呼んだ。

中でも、デヴィッド・ボウイと肉体関係にあったという事実は多くのロックファンに衝撃を与えただろう。「デヴィッドの妻であるアンジーは、ある日自宅へ戻ると2人が裸でベッドにいるのを目撃。しかし彼らはまるで隠すそぶりも見せなかった」「ストーンズのバラード『Angie』も、実はアンジーのことではなくデヴィッドのことを歌ったのだ」と綴られている。

他にも、ジョン・レノンとの友情、そして相棒キース・リチャーズとの関係について触れる箇所も。キースに関する部分では、「どんな女性でも叶わない程、ミックはキースを愛している。ソウル・メイトなのだ」としょっちゅう喧嘩が報じられる彼らの強い絆について書かれている。

現在69歳。ロックンロール最大のアイコンであるミックの姿を追い続けたアンダーソンいわく、ミックは「年老いてゆく他のロックミュージシャンたちとは別格」であるようだ。実際ストーンズは今でも現役バリバリ。ジャスティン・ビーバーのような若手だって彼らのことをツイートしているし、あのマルーン5はミックに捧げるナンバー「Moves Like Jagger」でヒットを飛ばしたばかりだ。セックス・ドラッグ・ロックンロールを地で行く生活を送りながらも、驚くほど勤勉で真面目な人物であるミック。契約、商品管理、衣装など全て自分でコントロールし、その資産は4億ドルと言われているのだ。

これまでバーバラ・ストライザンド、マイケル・ジャクソン、マドンナの伝記本も手掛けてきたアンダーソン、今回ミックというこれ以上ないと言えるほどの題材を取り上げたばかりだが、実はもう既に次のネタは決まっているらしい。次にその人生を暴かれるのは、果たしてどんなアーティストなのか。今から楽しみである。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング