M.I.A.、亡命中のウィキリークス創設者アサンジ氏を擁護

AOL ミュージック / 2012年8月28日 16時20分

Filed under: ニュース, Spinner, M.I.A., 裁判・事件, Hip Hop・R&B

ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジ氏が先週末に在英エクアドル大使館内でスピーチを行った際、M.I.A.は現場を訪れていたことが明らかになった。

<NME>の報道によると、M.I.A.は大使館内に入って、アサンジ氏の姿を撮影。その写真をツイッターで公開している。またこの日は「罪状がないのにレイプが起きたと言って500人の警察官が殺到する。もしくは権力者たちにレイプされ続けるか。どちらかの日々なのよ」と投稿している。



この投稿は、アサンジ氏が2010年にスウェーデンでレイプ及び性的暴行に関わったと疑いをかけられていることに対し、アサンジ氏を擁護する意見として投稿されたものだ。現在アサンジ氏は、今年初めにイギリス最高裁がアサンジ氏をスウェーデンへ移送することを決定したことに対して異議を唱えていたが、却下されたため、移送を避けるために在英エクアドル大使館へ亡命する形を取っている。

また、M.I.A.は以前、アサンジ氏のテレビショー「The World Tomorrow」のテーマ曲を作ったことで、彼とのコラボレーションを果たしている。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング