ブリトニー・スピアーズの婚約者が明かす2人のロマンスの歴史

AOL ミュージック / 2012年9月6日 16時10分

ブリトニー・スピアーズのフィアンセでるジェイソン・トラウィクが、彼らのロマンスについて口を開いた。
どうやら彼からアクションを起こして交際がスタートしたというわけではないようだ。

元々ブリトニーのエージェントとして働いていたジェイソン(39歳)。彼いわく、2人の関係をビジネスから恋愛へと発展させたのは意外にもブリトニーの方だったという。「まぁ僕らの関係性がそういう風に変わってしまうっていうのは避け難いことだったんだよね。そして僕らはその事実に向き合うことにしたのさ。そこからスタートしたってわけ」とトラウィクは<Elle magazine>10月号のインタビューで話している。一方のブリトニーは2人の関係に関してあまりコメントしておらず、この先もおそらく口を閉ざしたままでいるだろう...。



また、ブリトニーはインタビューで自身のことについて聞かれた際、「私はジーンズにスウェットが好きなの。私はただのお転婆な女の子よ」と話していた。(先日自らセクシーなビキニ姿をツイッターで披露したばかりなのだが...)さらに「だから私にとって、キム・カーダシアンみたいに振る舞うのは本当に難しいことなの。どこへ行くときもメイクもヘアスタイルも完璧にしておくなんて無理だわ」とキムを例に挙げてコメントを続けた。



離婚歴あり、2児の母でもある30歳のブリトニーは、人生において何を優先させるべきかに気づいてきたのかもしれない。「随分前に人々が私のことをでっちあげることにあんまり一喜一憂しなくなったわ」と語っている。長らくお騒がせセレブとして有名であった彼女だが、現在はフィアンセと一緒に幸せな時間を過ごしているようだ。


【関連記事】

AOL ミュージック

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング