クエストラブ、バレリーナの夢実現を援助!

AOL ミュージック / 2012年9月8日 16時0分

芸術の世界は資金面が大変だ。そのため最近はKickstarter(様々なプロジェクトの資金集め用サイト)などで資金集めをしている人が増えている。今回同種のサイトGo Fund Meで興味深いストーリーを発見したので紹介しよう。

クエストラブはザ・ルーツのドラマーで、ジャズからトランス、ロックまであらゆるジャンルを好んでいる。しかし、バレエのようなパフォーマンスアートのファンでもあるようだ。

しかし、まず紹介しておくべき存在は、ニューヨークのバレリーナ、ニコル・ザドラだろう。彼女はロシアの名門ボリショイバレエ学校に奨学生として招待され、モスクワでロシアの文化、言語、バレエを学ぶ6週間のコースを終えてアメリカへ戻ってきたが、ボリショイバレエ学校側から正式な留学生としての入学許可が届いていたことが明らかになった。

しかし、問題はボリショイバレエ学校に正式な留学生として入学する場合、海外からの留学生については奨学金制度が存在せず、月謝が毎月1,300ユーロ(約13万円)かかり、さらに飛行機代や諸経費がかかるという点だ。このためニコラはありとあらゆる手段を使って援助金を得ようとし、企業や個人スポンサーを回ったが、今回Go Fund Meでアカウントを取得。これまでの経緯を説明し、資金を募り始めた。

そして、この行動を拡散するためにニコラはリンクをFacebook上でシェア。更には自分の憧れの存在でもあるダンサー、ミスティ・コープランドのページにも投稿した。そしてこのリンクをミスティが本人のファンに向けて再度シェアした際に、彼女のファンであったクエストラブが興味を持ったというのが今回の経緯だ。

かつて資金不足からジュリアード音楽院へ進めなかった経験を持つクエストラブは、ザドラに同情。本人のツイッターで数回に渡りこのリンクをシェアし、200万人のフォロワーに対してニコラの夢の実現に協力を呼びかけた。



何よりも面白いのはニコラが最初はクエストラブを知らなかったという点だろう。彼女は、「私のことを知らない誰かがシェアしてくれるのは嬉しいことです。でも色々調べているうちにクエストラブを見つけて、本当にびっくりしました。何で彼が私のことを知っているの!って」と振り返っている。

現在4,000ドル(約31万円)以上が集まっている状況で、目標額の15,000ドル(約118万円)に到達すれば夢が叶うことになる。ニコラは「これが実現すれば、私のようなバレエ界で名前が知られていないバレリーナの考え方を変えることになると思う」とコメントしている。アメリカのダンサー界ではロシアで再教育を受ける流れが近年大きくなってきており、最近ではデイビッド・ホールバーグがボリショイバレエ団に入団している。

ニコラの夢の実現を助けたいという人は是非Go Fund Meでチェックしてもらいたい。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング