カニエ・ウェスト、新作でロムニー候補を名指しで「税金払ってねえ」とぶった切り!

AOL ミュージック / 2012年9月17日 16時30分

カニエ・ウェストが、発表したばかりの新作『クルーエル・サマー』の中で共和党の大統領候補ミット・ロムニー氏について歌っている楽曲があるようだ。


フィーチャリングにR・ケリーを迎えた「To The World」というタイトルの楽曲の中で、「I'm just trying to protect my stacks / Mitt Romney don't pay no tax(俺は積み上げてきたものを守ろうと努力しているけど、ミット・ロムニーは税金すら払わねえんだ)」という、カニエの歌詞に注目が集まっている。内容は明らかに、税金を全て払っていなかったことが発覚したロムニー氏を指したダイレクトな文句である。

バラク・オバマvs. ミット・ロムニー 運命のアメリカ大統領選挙は間もなく(11月6日投票)


先日、あのニッキー・ミナージュも自身の楽曲の中で、「I'm a Republican voting for Mitt Romney / You lazy b----es is f---ing up the economy.(アタシは共和党支持者でロムニーに投票するつもり。アンタ達怠け者のビッチどもが経済をめちゃめちゃにしてるのよ)」と歌い、ロムニー氏のライバルであるオバマ大統領がそれについてコメントするという出来事があった。さらに、ディーヴォもロムニー氏をネタにした曲を書いている。現在アメリカではロムニー氏に対して批判的な反応を取るアーティストが多いようだ。

関連ニュースの映像

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング