ビヨンセ、ジェイ・Zのニューヨーク公演に飛び入り参加!

AOL ミュージック / 2012年10月9日 16時0分

6日、バークレー・センターで行われたジェイ・Zのニューヨーク公演最終日にビヨンセが飛び入り参加し、観客を熱狂させた。

ステージに登場したビヨンセが、2008年の「Diva」に続いて、夫とのヒット作「Crazy In love」を披露すると客席は大盛り上がり! しかし同曲のパフォーマンスで興奮したのは観客だけでなく当のジェイ・Zも同様だったようで、ラップ・パートの入りのタイミングを間違えてしまうという珍しい一幕も。そのためビヨンセが代わりにラップ・パートに突入し、ジェイはバツが悪そうに「クソっ、ここオレがラップするんだったよな!」とぼやきながらステージへと上がると、会場からは笑いが起こった。

会場のボルテージが天井知らずに上がる中、ジェイ・Zがビヨンセのお尻をパチンと叩く場面やふざけあうシーンなどもみられた。

その後コンサートを締めくくるナンバー「Forever Young」でも再びビヨンセは登場し、世界一ビッグな夫婦によるビッグなショーは幕を閉じたのだった。

ステージで「Forever Young」をパフォーマンスする2人のライヴ映像はこちらから

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング