【独占インタビュー】エアロスミス、11年ぶりの新作を語る

AOL ミュージック / 2012年11月17日 16時15分

昨年で結成40周年を迎えたエアロスミスが、11年ぶりとなるオリジナル・アルバム『ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション!』で復活。そんな彼らに<Noisecreep>がインタビューを試みた。



Noisecreep: これまで長い道のりでしたし、その間、何度か "フライング" もありましたね。このアルバムを作るので再集結したとき、どんな類のプレッシャーを感じましたか?

トム・ハミルトン: 皆が発表したいと思っていたんだ。個人的にはこの考えに賛成するわけじゃないけど、俺たちにとって最後の作品にもなりえた。その可能性はかなりあったよ。それに(今回の作品まで)かなりの時間があったから、俺たちはバンドにとって本当に正しいことをやろうと一丸となっていたんだ。

ジョー・ペリー: これはとても重要な作品さ。スティーヴンは "イベント(行事、出来事)" だって言ってるよ。奴の言う通りイベントであり、節目であり、そしてロックという地面にはまり込んでいるバカでかい御影石でもあるのさ。

(プロデューサーの)ジャック・ダグラスはあなたたちにとって、ビートルズにとってのジョージ・マーティン(※)のようなものでしょうか。"スタジオにおける指導者" みたいな。

ブラッド・ウィットフォード: 全くその通りだ。ジャックは最初の日から、俺たちが何なのか理解していた。彼と会った最初の晩、俺たちはボストン北部の高校でパフォーマンスしてたんだ。ジャックは俺たちのショーを見に来てくれて、バンドがどんなものなのかを体感した。ショーの後に会ったんだ。(プロデューサーの)ブルース・フェアバーンも要点をつかんでいた。ブルースはすごかったよ。だけどジャックは俺らにとってのジョージ・マーティンみたいなものさ。彼はバンドのメンバーなんだ。

ジョーイ・クレイマー: ジャックは良き指導者だった。彼は考えが何もないのはまずいと思っているんだ。だから俺たちはあらゆるアイデアを試したよ。

ハミルトン: ジャックとは2枚目のアルバム『飛べ!エアロスミス』(1974年)から一緒にやりはじめた。そして『闇夜のヘヴィ・ロック』(1975年)や『ロックス』(1976年)、『ドロー・ザ・ライン』(1977年)もね。俺たちはスタジオでの関係や一緒にアルバムを作るやり方など、すべてを彼と一緒に学んだよ。俺たちは何かをでっち上げたりせずに、自分らの歴史に忠実なものを作りたかったんだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング