【AMA特集】復縁した(?)ビーバーが3冠達成!ニッキーのドレスが丸被り...

AOL ミュージック / 2012年11月20日 16時25分

現地時間18日にロサンゼルスで開催されたアメリカン・ミュージック・アワード(AMA)で、ジャスティン・ビーバーが「アーティスト・オブ・ザ・イヤー賞」を含む3部門で受賞した。



他に、「フェイバリット・ポップ/ロック・アルバム賞」「ポップ/ロック部門 最優秀男性アーティスト賞」を受賞し、式典に母親であるパティ・マレットと登場したジャスティンは、「これが僕のママだよ。小さいけど綺麗でしょ」と彼女を紹介し、ファンに「僕を信じ続けてくれた御礼が言いたい。本当に素晴らしいよ」とスピーチを送った。なお、彼は破局したはずのセレーナ・ゴメスと同日行われたAMAのアフターパーティで手を繋いでいるところを写真に収められており、予想通り(?)彼らはよりを戻したのではないかと報じられている。この1週間彼らに関する様々なゴシップがメディアを賑わしていたが、ひとまずは一件落着...と思いたい。

そのほか授賞式でパフォーマンスを行ったのは、ジャスティン以外にザ・ウォンテッド、ケリー・クラークソン、ケシャ、ノー・ダウト、クリスティーナ・アギレラ、テイラー・スウィフト、ピンクなど。さらにはスペシャルゲストとして韓国のシンガーPSYも登場し、ヒット曲「Gangnam Style」を披露した。

ハーレムパンツ(股下が膨らみ、すそをひも絞りにした、ゆったりしたパンツ)流行の兆し?


また、レッドカーペットに登場したセレブの中には、強烈なキャラと奇抜な衣装で知られるあのニッキー・ミナージュの姿も。しかし私たちの期待を裏切って (?)彼女が身につけていたのは黄色のネオンカラーが鮮やかなシンプルなマーメイドドレス。というか、9月のエミー賞授賞式で女優ジュリー・ボーウェンが 着ていたものと全く同じドレスだ。他人と被ることを嫌いそうなニッキーだけに、意図的な戦略ではないような気がするが、怒らせると怖いので敢えて理由は聞かずにおくのが得策かもしれない。

ニッキー・ミナージュ
ジュリー・ボーウェン

この日は、アッシャーが「ソウル/R&B部門 男性アーティスト賞」、ビヨンセが「ソウル/R&B部門 女性アーティスト賞」を獲得。カーリー・レイ・ジェプセンが「新人賞」、ケイティ・ペリーが「ポップ/ロック部門 女性アーティスト賞」、テイラー・スウィフトが「カントリー部門 女性アーティスト賞」を受賞している。

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング