ニッキー・ミナージュの激怒ツイートに対し、スティーヴン・タイラー謝罪!

AOL ミュージック / 2012年11月29日 16時25分

「アメリカン・アイドル」で新審査員を務めるニッキー・ミナージュが番組の先輩であるスティーズン・タイラーに対する怒りをツイートでぶちまけた。原因はスティーヴンが<MTV News>に対して語った「ニッキー・ミナージュはきっと番組にボブ・ディランが登場しても、彼をトウモロコシ畑に送り返してしまうのだろう」と言う発言だ。つまりニッキーの審美眼では彼の良さを見極められないだろう、と言う意味なのだが...。




これに対して激怒したニッキーは、すぐさまツイッターで「アタシがボブ・ディランをトウモロコシ畑に送り返すですって!? アンタ、アタシが審査員してる所なんてまだ一度も見ていないくせに何がわかるって言うの? 」「自分の仕事が欲しいのはわかるけど、それはプロデューサー連中とやってなよ。アタシがアンタに何したって言うのよ。差別発言だわ」、さらに「アタシがボブ・ディランを好きじゃないなんてどうしてわかるのよ。アタシが黒人でラッパーだから? なんなのよ! いいから黙ってテメエの心配だけしてろよ、このヘタレ野郎」と続けた。



キレたときのニッキーのツイートや暴言の連射っぷりといったらない。しかし、これに対してスティーヴンはカナダの番組<eTalk>でのインタビューで謝罪のコメントを発表している。「誤解されてしまったなら誤るよニッキー、俺は人種差別からほど遠い人間だ。 『彼女がボブ・ディランをどう審査するかなんて想像もつかない』って意味で言ったことがなぜ人種差別発言だと解釈されたのか、てんでわからないが、俺が言いたかったのは『今の番組の有り様じゃボブ・ディランが登場してもまともに審査できない』ってことなんだ。もしかしたら、そんなことを俺が言う筋合いじゃないのかもしれない。でも少なくとも俺は人種差別主義者ではないないよ、ニッキー」と話している。また、以前タイラーは、ニッキーとマライア・キャリーの間で起こった大きな衝突についても「審査員同士のいざこざや思惑が絡み合っている状況では、まともに審査などできない。若者達はみんなどんな判定がくだるのかってビクビクしながら挑戦しに来ているんだよ。審査員達は彼らの良い部分を出来るだけ引き出そうとするべきだ」と話しており、今回の発言もその一連の流れでのことであったようだ。

スティーヴン・タイラーのニッキー・ミナージュへの謝罪コメント<関連動画はこちら>

【関連記事】

AOL ミュージック

トピックスRSS

ランキング